AKSの中国姉妹グループは『私と私の祖国』を歌えるか?

AKSが中国に作る姉妹グループの成否は『私と私の祖国』を歌えるかにかかっている。 2016/12/10(土)AKB48ファンミーティング当日のゴタゴタを振り返ってみる。 例によってレコードチャイナが「上海で渡辺麻友らファンイベント、AKB48の中国進出発表、会場外には反日活動家らの姿も―香港メディア」(2016/12/11 11:10)という記事を「Mathilda」名で出している。 北京BEJ4 続きを読む…

 AKB48(China) Holdingの上海自由貿易区本社が国有企業と判明

昨日2016/12/10(土)AKB48の上海での記者発表会とファンミーティングの現地の反響は、すでに悲惨な結果になっている。 その話をする前に、AKSと決裂前のSNH48運営会社の資本関係のおさらいと、今回のAKB48 Chinaの資本関係の確認をしておく。 ↓SNH48とAKS決裂前の株の所有関係の全体図はこちら。 右上の「王子殿下」はSNH48運営会社社長・王子傑の現地ファンの間でのあだ名な 続きを読む…

 AKSが2016/12/10上海に渡辺麻友を連れて何をしに来るのか大注目!

AKB48メンバーが2016/12/10に上海にやって来て「重大発表」をするらしいというニュース。 メンバーが渡辺麻友、川本紗矢、伊豆田莉奈の3人。AKB48ファンではない筆者にはどう解釈すればいいのか分からないけれど、少なくとも渡辺麻友が来るということは、ただ事ではないことは分かる。 なお中国ツイッター(新浪微博)のAKS公式アカウントは@AKB48-CHINAだが、アカウントのトップページはい 続きを読む…

 SNH48運営会社はAKSに高額な加盟料+高額な版権使用料+利益の20%のロイヤリティを支払っているというウワサ(あくまでウワサ)

真偽のほどは別として興味深い情報を見つけたのでご紹介。AKB48運営がSNH48運営が「契約違反」を行ったことについて、中国現地関係者とSNH48公式アカウント「らしき」アカウントとのダイレクトメッセージのやりとり「らしき」ものの画面ショット「らしき」もの。 くり返しになるけれど、これが本物かどうかは別として、日本語試訳しておく。 それから、私たちの会社はAKB48の歌をカバーするのにもとても高い 続きを読む…

 AKSはただちに真偽を明らかにすべき:AKSが中国音楽配信会社「酷酷音楽」に中国国内の独占的なAKB48関連の全権利を許諾

中国共産党の機関紙『人民日報』国際版、『環球時報』のウェブサイトに2016/04/20(水)、AKSが中国の音楽サイト「酷酷音楽」と提携し、同社が中国国内でAKSが著作権を有する楽曲を独占的に管理するというニュースが出ていた。 本当だったら中国国内でいまAKSからAKB48系グループの楽曲の権利を正式に受けているSNH48運営会社はどうなるの?という話。 それに、そもそもAKB48の中国語公式サイ 続きを読む…