北京BEJ48サンサンの感動の短編映画、広州GNZ48ほっこりする短編映画

北京BEJ48、広州GNZ48が旧正月連休中にツイートした良心的な動画をご紹介。 北京BEJ48はチームEサンサン(蘇杉杉)企画・制作の短編映画シリーズ『33個遇見你的瞬間(君に出逢った33の瞬間)』第ニ弾。 第二弾はサンサンとチームBキャプテンDDD(段藝璇)のカップリング。ありがちなストーリーだが、カメラアングルや編集が素晴らしい。 個人的には救いのないエンディングが非常に良いです(汗)。 ち 続きを読む…

 北京BEJ48メンバーが生放送で新公演の苦労を語り、1曲は欅坂46の振付師と

北京BEJ48チームBとして初の全曲オリジナル公演『B A FIGHTER』が2018/01/19(金)に初演第一日目を迎えた。 予想どおり、先週初演だった広州GNZ48チームZ全曲オリジナル公演『三角関数』と比較されて、現地ファンの間ではおおむね「また広州が勝った」という評価になってしまった。 それを受けて、BEJ48チームBキャプテンのDDD(段藝璇)と、同チームEのサンサン(蘇杉杉)が公式ア 続きを読む…

 SNH48姉妹グループそろって著名音楽ブロガー2017年十大放送事故に!

中国ツイッター(新浪微博)の音楽批評有名ブロガー・耳帝の「2017年十大放送事故パフォーマンス」に、何と上海SNH48グループが、上海SNH48本部、北京BEJ48、広州GNZ48とそろって入選の快挙をはたした! 耳帝さんについては先日ここでご紹介したとおり、フォロワー数723万、クラシックから、ジャズ、洋楽、C-POP、J-POPまで幅広くマジメな音楽批評をツイートしている有名ブロガーで、毎年末 続きを読む…

 北京BEJ48チームEサンサン(蘇杉杉)の予想外に良質なショートムービー

北京BEJ48チームE サンサン(蘇杉杉)が自主制作したショートムービーの出来があまりに素晴らしかったのでご紹介。 脚本は退屈で、セリフの音がなぜか左右に振られているのが意味不明だが、各カットのカメラポジション、フレーミング、モンタージュがほぼ完璧。 彼女の大学の専攻は「电子商务(電子商取引)」で、映画とは全く無関係。これだけの技術を独学してしまうのが本当にすごすぎる。 最初、空からゆっくりティル 続きを読む…

 北京BEJ48チームEサンサン(蘇杉杉)が広州巡回公演で流した涙

北京BEJ48チームEの広州GNZ48劇場巡回公演が2017/10/21~22の2日間行われた。 2日目の自己紹介コーナーで、チームEサンサン(蘇杉杉)が突然泣きながら話し始めたことを、文字起こししてくれていた現地ファンがいたので、日本語試訳しておく。 その部分の動画はこちら。 自己紹介トークのテーマは、広州GZN48劇場から北京に帰るにあたって、名残惜しいこと。 最初の方は、GNZ48劇場のファ 続きを読む…

 北京BEJ48チームEの広州巡回公演が実はGNZ48チームNIII連合公演だった件

北京BEJ48チームEが2017/10/21~22の2日間、広州GNZ48星夢劇院へ巡回公演を行っている。 北京BEJ48のチームB、E、Jはこの2017/10下旬、全チームが巡回公演を行っているが、その理由は北京BEJ48星夢劇院が、第十九回共産党大会の期間中で、使えないため。 ところが、ただの巡回公演ではなく、ユニット曲部分が広州GNZ48チームNIIIとの連合公演で、ファンをびっくりさせた。 続きを読む…

 上海SNH48、北京BEJ48の営業のお仕事まとめて紹介:メンバー出演ネット映画公開24時間で1,000万回視聴

上海SNH48、北京BEJ48の劇場外の営業のお仕事をまとめてご紹介。 上海SNH48一期生マオマオ(李宇琪)、五期生Yoko(張怡)がスマホゲーム『クラッシュ・ロワイヤル(皇室戦争)』の中国全国都市別対決決勝戦にゲスト参加したとのこと。 ↓一期生マオマオ ↓五期生Yoko 次は営業のお仕事ではなく、北京BEJ48チームEライチ(李梓)主演のネット映画『有言在仙』が、2017/10/07の公開後た 続きを読む…

 北京BEJ48運営自主制作バラエティー『彼異界播報II』から中国語が分からなくても楽しめる回

北京BEJ48運営自主制作バラエティー『彼異界播報II』2017/09/11公開分が、中国語が分からなくても楽しめる、体をつかったゲームものだったのでご紹介。 以前もタイトルのご説明をしたが、「彼異界」は中国語読みで「ビーイージエ」つまり「BEJ」。「播報」は放送の意味。 今回の出演は全員チームE。上の画面ショットで左から、ムーイー(杨一帆)、シャオシュー(劉勝男)、陳倩楠(チェン・チェンナン)、 続きを読む…

 雑誌『人物』記事:段藝璇の北京BEJ48首位奪還、運営会社投資家の須藤凛々花批判

中国の人民出版社という哲学、社会科学書を主に刊行している出版社の雑誌『人物』が、SNH48を取り上げたハイブロウな記事を掲載したとのこと。 主役は北京BEJ48で今回第一位となったいーしゃん(段藝璇)。日本のように秋元康の提灯記事しか書けない頭の悪いマスコミと違って、政治に関する話題以外はこういう正統派の批評記事を書ける点が中国知識人の良心。 最後の部分、SNH48運営会社の元投資家のインタビュー 続きを読む…

 北京BEJ48サンサン(蘇杉杉)がネットバラエティー『大学生が来た』でμ’s解散を泣きながら語る

中国動画サイト大手「爱奇艺 iQiYi」のネットバラエティー番組『大学生が来た(大学生来了)』第2シーズンに、北京BEJ48チームEサンサン(蘇杉杉)が出演した。 この番組の第1シーズン2016/06/16放送分には、上海SNH48一期生momo(莫寒)、マオマオ(李宇琪)、二期生キクちゃん(鞠婧禕)、ルーリー(曾艷芬)も出演している。 今回はサンサン(蘇杉杉)がピンて出演して、μ’s 続きを読む…