SNH48第四回総選挙TOP16『ナポリの夜明け』MADがオリジナルに完勝

このブログでは現地ファンが好きなメンバーのために制作した応援動画(OPV:オリジナル・プロモーション・ビデオ)やMADは、キリがないのでご紹介しないことにしている。 ただ、このMADはあまりに素晴らしかったので、ご紹介。 SNH48グループ第四回総選挙TOP16曲『ナポリの夜明け(那不勒斯的黎明)』MVの映像を、広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演『双面偶像』のタイトル曲『双面偶像』に合わせて 続きを読む…

 広州GNZ48に脚の故障者が多い「都市伝説」にもう2人、サマー(陽青穎)、エイプリル(王偲越)

広州GNZ48になぜか脚のケガが多いという「都市伝説」が、まだ続いているらしい。 チームGのサマー(陽青穎)が公式アプリ「Pocket48」の「メンバーの部屋」で、2017/09/16に脚をひねって腫れがひどく、明日の公演に出られるかどうか分からないと書いた。 脚をひねった。 どんどん腫れてくる、どうしよう。 明日踊れないかも。 そこで代役として急遽出演することになったのが、チームZのエイプリル( 続きを読む…

 広州GNZ48チームGキャプテン曾艾佳が『双面偶像』第4回公演後メンバーに活を入れる

広州GNZ48チームGキャプテン・ライオン(曾艾佳)が昨日2017/08/18(金)の全曲オリジナル公演『双面偶像』第4回終了後、チームG全体に活を入れるツイートをした。 今日は満席でしたか? いいえ。 今日の立ち席は満席でしたか? いいえ。 今日水かきのメンバーはいましたか? いました。 (訳注:「划水(水かき)」とはちゃんとダンスをしていないこと) チームGが長いあいだ待ち望んで、GNZスタッ 続きを読む…

 広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演『双面偶像』各曲の作曲者を調べてみた

今回の広州GNZ48チームGとして初の全曲オリジナル公演『双面偶像』の楽曲について、中国語の良し悪しは分からないので、作曲者の名前だけチェックしてみた。 作詞・作曲者の名前はこちらのAKB48索引サイト(Wiki)にまとまっている。 ちなみに、中国Wikiの百度百科で調べて、作詞・作曲者名が出てこないSNH48グループ楽曲は、運営会社のクレジットになっているので、それ以上調べようがない。 全曲オリ 続きを読む…

 広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演『双面偶像』『Winkend』歌詞日本語試訳

広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演『双面偶像』から、タイトル曲の『双面偶像』と、最終曲『Winkend』の歌詞を日本語試訳。 『双面偶像』はユニット曲が7曲もある異例のこの公演のユニット曲の真ん中、4曲目で、じっさいには16人による全員曲だが、鏡のこちらと向こうが対になって「8人のユニット曲」という深~い意味のある(笑)曲。 『Winkend』はタイプミスではなく「weekend」と「win 続きを読む…

 広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演の名曲『Gravity』の歌詞を全力で深読みしてみた

広州GNZ48チームGの全曲オリジナル新公演『双面偶像』から、M15.Gravityの歌詞を日本語試訳。作詞は中国の秋元康(?)こと甘世佳。 例によって甘世佳さんの歌詞はものすごく密度が高い。オンライン生放送の弾幕コメントにも「甘世佳の歌詞は何を言っているのか分からん」と、中国人でさえ書くくらいなので。 いったん日本語試訳してから、長々と解説を付ける。 泥沙做的偶像 一个一个走上 竞技场尘埃飞扬 続きを読む…

 上海SNH48各メンバー応援会がリクエストアワー候補曲を広州GNZ48チームG公演『双面偶像』ユニット曲に次々と変更

広州GNZ48チームGとして初の全曲オリジナル公演『双面偶像』が2017/08/11(金)初演の初日を迎えたが、年明けのリクエストアワーに向けて、各メンバーの応援会が、初日がまだ終わっていない段階で、ユニット曲候補を変更するという、ものすごいスピード感の動きに。 上海SNH48一期生ダイモン(戴萌)momo(莫寒)応援会は、『双面偶像』のユニット曲『9 to 9』に変更。 上海SNH48二期生テテ 続きを読む…

 広州GNZ48チームG神公演確定の『双面偶像 Double-Faced Idol』全音源

広州GNZ48チームGとして初の全曲オリジナル公演『双面偶像』が2017/08/12(土)初演2日目を迎えたが、運営が音源を無償公開したので、こちらにも貼っておく。 音源が公開された中国の音楽サイト「網易音楽」は日本からはVPNでも閲覧できなくてがっかりしていたら、日本からもアクセスできる「QQ音楽」や「虾米音楽」でも無償公開されていると知って、スマホにアプリをインストールしてさっそくダウンロード 続きを読む…

 広州GNZ48チームGオリジナル公演『双面偶像』のクオリティがAKB48を軽く超えてる件で全曲コメント(2)

広州GNZ48チームGとして初の全曲オリジナル公演『双面偶像』が2017/08/11(金)初日を迎えたが、AKB48用語でいわゆる「神公演」決定。 つづいてユニット曲パート2部分からコメント。 以下、わざとAKB48と比較しながらコメントするので、それがイヤな方は読まないで下さい。

 広州GNZ48チームGオリジナル公演『双面偶像』のクオリティがAKB48を軽く超えてる件で全曲コメント(1)

広州GNZ48チームGとして初の全曲オリジナル公演『双面偶像』が2017/08/11(金)初日を迎えたが、AKB48用語でいわゆる「神公演」決定。 上海SNH48チームHII『Beautiful World』あたりから(個人的にこの公演は好きではないけれど)、SNH48グループの公演の舞台演出のレベルは、AKB48グループを完全に超えている。 楽曲の良し悪しというより、ダンスの振付け(本格的な現代 続きを読む…