上海SNH48第六回総選挙第17~32位メンバー、2019 SORIBADAに参加

上海NHSNH48グループのメンバーが韓国で開催の2019 SORIBARA BEST K-POP MUSIC AWARDSに参加、Global Entertainer賞を受賞した。

参加メンバーは2019/07/27(土)SNH48グループ第六回総選挙で第17~32位に入選したメンバー。

第六回総選挙のTOP16は日本、次の16名は韓国、次の16名は中国国内で総選挙結果シングルのMV撮影をしており、韓国のMV撮影スケジュールと合わせて第17~32位メンバーが参加した。

なお去年2018年のSORIBADAには、SNH48のK-POPサブユニット7SENSESが参加している。

↓ブルーカーペット部分

↓Global Entertainer賞の受賞スピーチ部分

↓ニューシングル『Bravery(勇不勇敢)』パフォーマンス部分

↓なおこちらが去年2018 SORIBADAでの7SENSESの受賞スピーチ部分

以下、中国ツイッター(新浪微博)のSNH48公式アカウントから写真を転載。

去年の7SENSESにしてもそうだが、基本、中国からのゲスト扱いで賞そのものに意味はない。少しでもK-POP業界のプレゼンスを得られればという位置づけ。

7SENSESはまさにK-POPスタイルのサブユニットなので十分参加する意味はあった。

受賞スピーチも最初に一期生ダイモン(戴萌)が英語で、海外向けに伝わるように話しており、日本の同時通訳生中継でも、韓国語の通訳さんが英語も分かるため、この部分はちゃんと日本語で放送されていた。

しかし今年は単に総選挙で第17~32位になったメンバーが、たまたまMV撮影の日程と合わせての参加。

しかも楽曲は完全にJ-POPスタイルで、7SENSESを通じてすでにSNH48の名前を知っているK-POPファンの視聴者はいいとして、初見の人は「はぁ?」と思っただけだろう。

せっかくの韓国での活動のチャンスなので、MV撮影よりSORIBADA授賞式スケジュールを優先する考え方もあったのではないか。

なお7SENSESは独自スケジュールで、2019/08/26~09/07の2週間、韓国で4th EPのPR活動を行う。

7SENSESメンバーで唯一、今回の2019 SORIBADAに参加したSNH48三期生メンヤン(許楊玉琢)は、ちゃっかり(G)I-DLEの中国人メンバー、宋雨琦とバックステージでツーショットを撮っていた。

宋雨琦の中国ツイッターアカウントから転載。もちろん左が宋雨琦。

シェアする