AKB48グループアジアフェスティバル2019上海、記者発表会の模様

昨日2019/07/31、来月上海で開催予定のAKB48 Group Asia Festival 2019 in Shanghaiの記者発表会が行われた。

会場はザ・ランガム上海。英国最古のホテルを運営する企業だが、1995年に香港のGreat Eagle Holdingsに買収されたらしい。

↓こちらが全編。

この女性司会者はSNH48のイベントにも登場したことがある方。上海で48系アイドルのイベントとなると司会をできる人が限られるんだろうと思う。

今回の主催が湖南衛星テレビ(湖南広播)系のマンゴーエンタなので、湖南衛星テレビの司会者を呼ぶ手もあったと思うが、SNH48でさえ気軽に呼べないのでギャラが高すぎたのかもしれない。

冒頭、AKS寺田氏が48系グループと今回のイベントの紹介をする前に、協賛企業としてSHANDAの名前を出しているが、同社は今年初めのバンコクのアジアフェスのスポンサーで、今回はスポンサーではない。あまり細かいことは把握していないのかもしれない。

この記者発表会は中国の8つのネット生放送、生放送アプリで放送された。

一直播、SNH48が先日第六回総選挙の生放送を行ったチャイナモバイルの「MIGU」、SNH48が全公演の生中継をしているビリビリ動画、網易新聞、西瓜視頻、花椒直播、チャイナテレコムの天翼視訊、ゲーム生放送がメインの虎牙直播。

うち、ビリビリ動画の弾幕コメント同時録画を、現地ファンAKB48 Team SHファンがこちらにUPしている。閑散としたコメントに今のAKB48 Team SHのポジションがよく表れている。

サブ司会はAKB48 Team SHキャプテンの毛唯嘉が担当しているが、もともと女性アイドルグループ「チェリーガールズ」のマネージャーで運営側の人間だっただけあって、毎回さすがの安定感。

ちょっと堅苦しすぎるのは別として、彼女が仕切るイベントは安心して見られる。

ところで記者発表会の後半、AKB48 CHINAサイドが海外6グループのゲストメンバーに、中国の9年前のヒット曲『最炫民族風』を踊らせているところはちょっと寒すぎる。

この曲に『恋するフォーチュンクッキー』の振付けがピッタリ合うというのは、すでに5年前の古いネタ。

↓2013年当時、中国の動画サイトから転載されているのがこれ。

いろいろツッコミどころはあるけれど、今年初めバンコクで開催されたアジアフェスの記者発表会と比べると、姉妹グループからゲストメンバーが勢ぞろいした点で、規模感が違う。

↓こちらが2018/12/11に行われたバンコクのアジアフェス記者発表。

AKB48 Team SH運営は結成当時の沈志君氏がすでに離職。その後、中国で圧倒的人気のジャニーズ系男性アイドルグループ「TFBOYS」運営会社・北京時代峰峻の元総経理・張祖珍氏が着任していたようだ。

しかし着任数か月もたたず近日中に離職、再び経営層が変わり、当面AKSの顧問が代理になるというウワサがある。

またAKB48 Team SH運営に出資している投資会社・中投中財の主導で、中国国内の大型アイドルマネジメント会社、女性グループのマネジメント会社からメンバーをスカウトしようとしているらしい。

これらはあくまでウワサで、真偽はまったく不明だが、いずれにせよAKB48 Team SH運営トップがなかなか落ち着かないのは事実のようだ。

今回の記者発表会後の中国ツイッター(新浪微博)のツイートにしても、AKB48 CHINAとAKB48 Team SHそれぞれのアカウントの文面が完全にコピペという手の抜きよう。(例によって写真にはモザイクをかける)

↓2つのアカウントが同じ文面。顔文字をコピーし忘れて1文字だけズレている。

↓こちらの2枚は完全一致。

しかも上のこのツイートは当初、『恋するフォーチュンクッキー』を『恋愛曲奇餅乾(恋するクッキークッキー)』と記載する初歩的なミスをしていた。

中国ツイッターはツイート後も編集できるので『恋愛幸運餅乾』に訂正されている。

じつは訂正前の「曲奇(クッキー)」は、SNH48がまだ公式姉妹グループだったとき、この曲をカバーした『愛的幸運曲奇』のタイトルにある単語だ。

さて、AKB48 Team SH、そして台湾のAKB48 Team TPもそうだが、いつになったらSNH48のように劇場公演を始めるのか。

実はあまり利益にならない劇場公演をするつもりがないのか、まだTeam SHの行方を注視する必要がありそうだ。

シェアする