上海SNH48第六回総選挙:夫婦司会者、バイオリニストAyasaさん、私と私の祖国

2019/07/27(土)発表の上海SNH48第六回総選挙の結果について連投。

結果発表の前にコンサートが行われた。

司会は上海東方衛星テレビ関連の2人。最近すでにSNH48関連イベントの司会でおなじみの、上海のFM局「動感101」DJ高山峰さんと、上海の名門校・上海戯劇学院卒、上海東方メディアグループ所属の女子司会者・司雯嘉さん。

この二人、夫婦漫才みたいというコメントがYouTubeの生中継で流れてきたが、本物の夫婦で、すでにお子さんもいるようだ。

コンサートのセットリスト全曲中、AKB48楽曲は『支え』『初日』の2曲のみ。他はすべてSNH48グループのオリジナル曲だった。

SNH48が台湾、韓国、日本の音楽制作会社の協力を得て制作したオリジナル曲は、すでに500曲を超えており、AKB48、SKE48楽曲がなくても十分コンサートが成り立つ曲数になっている。

開幕は昨年第五回総選挙TOP16メンバーの曲『Endless Story 魔女的詩篇』。次に姉妹グループ含む全10チームが各チームのオリジナル曲をパフォーマンスした。

今回のコンサート唯一のゲストは、バイオリニストAyasaさん。Ayasaさん公式サイトはこちら

2019/04/11、Ayasaさんは公式YouTubeチャンネルにSNH48 Team SII全曲オリジナル公演『PLAN SALVATION』の『預言』という曲をカバーしてUPしていた。

何とそのTeam SIIとの共演が実現。

↓SNH48 Team SIIとAyasaさん『預言』

さらに第五回総選挙TOP16メンバーそれぞれのユニット曲、ソロ曲のコーナーでは、今回2連覇を果たしたカチューシャ(李藝彤)と、やはりSNH48 Team SII『PLAN SALVATION』公演の『無罪無我』で共演

↓SNH48二期生カチューシャ(李藝彤)とAyasaさん『無罪無我』

この後、SNH48一期生が最後の総選挙ということで特別コーナーがあり、最後の曲は『我和我的祖国』で不意を突かれた。

↓SNH48グループ全員『我和我的祖国』

この曲は共産党関連ではなく、ふつうに祖国愛を歌ったもので、3年前の国慶節2016/10/01にSNH48オリジナルアレンジをリリースしている。

↓SNH48『我和我的祖国』

今までの総選挙でこの種の曲をコンサートの最後に歌ったことは一度もなかった。

日本スタイルのアイドルグループであるSNH48が、中国で生き残るために愛国ポーズを示す必要があるのは以前からここで書いているとおりだが、総選挙コンサートでも歌うとは、やっぱり中国国内の雰囲気は変わりつつあるのかもしれない。

以上、SNH48第六回総選挙コンサートについて、あえてポイントを外した解説でした。

シェアする