上海SNH48運営が2019ライセンシング・エキスポ・チャイナに出展

上海SNH48、あまり面白いネタがないので、運営会社、映像制作子会社、主婦の友社から買収した中国版『mina(米娜)』共同で、上海で開催中のライセンシング・エキスポという展示会に出展したというお話。

世界各地で行われている各種コンテンツのライセンシング商談会で、上海では2019/07/24~26に開催されている。

日本のライセンシング・エキスポ公式サイトはこちら。今年は2019/09/03~06開催とのこと。

ただこれ、さすがにAKB48の公式姉妹グループでなくなったSNH48が、海外向け権利販売はちょっと難しいのでは?と思ってしまう。中国国内で頑張るしかないだろう。

↓SNH48グループのブースらしい。

↓例の制作予定アニメ作品『無限少女48』も紹介されている。

↓三菱のロゴマークは、社長がSNH48一期生チェンスー(陳思)ファンだったキタムラ機械が、菱商という三菱系機械商社の子会社だから。

菱商(上海)のウェブサイトは2016年以降更新ストップしている。上海から撤退したんだろうか。キタムラ機械の会社概要からも社名がなくなっているし。時の流れは速い(遠い目)。

中国国内でSNH48の商標はSNH48運営会社が登録しており、法律的にまったく問題ないのだが、ライセンシング・エキスポとなると、ちょっとビミョー(汗)

シェアする