上海SNH48サブユニットBLUEV出演の2019/07/20チャイナモバイル主催コンサート『来電之夜』の模様

上海SNH48のサブユニットBLUEVが、2019/07/20(土)、中国の三大携帯電話会社の一つチャイナモバイル主催のコンサート「来電之夜」に出演した。

チャイナモバイルの音楽配信サービス「MIGU」が定期的に開催している、複数のアーティストが参加するコンサートで、今回はキャパ6万人のスタジアム、南京・オリンピック体育中心。

↓BLUEV出演部分カットはこちら

メンバーの一人トマト(呂一)はお休みで、マオマオ(李宇琪)、momo(莫寒)、ナナちゃん(萬麗娜)、スリー(孫芮)の4人。歌ったのは『MAMI』『My Key』の2曲だ。

1か月前の記事でご紹介したように、今回のコンサートの観客の大半はおそらく薛之謙、田馥甄のファンだと思う。

チャイナモバイルのねらいを個人的に想像すると、まだ知名度の低いアーティストに大物アーティストと共演してもらってリスナーを増やすことではないか。人気アーティストが増えないと音楽配信サービス「MIGU」の収益が上がらないためだ。

BLUEVのメンバーは呂一以外はSNH48一期生、二期生でパフォーマンスはつねに安定しているし、曲も良いので、今回のコンサートで一人でもリスナーが増えればと思う。

このコンサートに限らず、「MIGU」で生中継されるSNH48の大型イベントも中国国内では快適に高画質で視聴できる。今回のコンサートはフルHDで、しかも50fpsだったようだ。

またMIGUが中国の大都市で運営しているカフェ「MIGU Cafe」のうち、北京店、上海店、成都店、蘇州店、アモイ店でパブリックビューイング(?)もあったらしい。

↓応援会が作ったBLUEVの「易拉宝」(日本語でなんて言うの?)

↓こちらは薛之謙応援会が作ったもの。

↓薛之謙応援会が来場者に配っていた応援セット

↓S.H.E Hebe(田馥甄)ファンの横断幕。いかにも中国っぽい(笑)

↓こちらがコンサートの全出演者

シェアする