広州GNZ48お蔵入り中国ポカリダンス集

広州GNZ48がポカリスエットのTikTok(抖音)広告を打ち切った件。細かい事情は改めてこの記事の最後に書く。

中国ツイッター(新浪微博)のGNZ48公式アカウントは動画を全部削除したけど、ファンは中国動画サイト「ビリビリ動画」にちゃんと残してくれていた。

広告打ち切りまでの公開分、ハナちゃん(謝蕾蕾)、Kimmy(鄭丹妮)、ミッフィー(劉力菲)、CK(陳珂)、ナオナオ(盧靜)、ヤンヤン(黄楚茵)、サマー(陽青穎)を全部つなげてみた。

ついでにTikTok(抖音)にGNZ48女性ファンがあげていたポカリダンスも転載した。

これ、今回のGNZ48ポカリダンスの主催者が、きれいなお姉さんにGNZ48 Team Gの制服衣装を着せて踊ってもらってるのかと思って、この人の過去の動画を見た。

そしたら以前GNZ48運営がファン向けに数量限定販売した衣装を着て踊っている動画もあった。

その当時、GNZ48はTikTokで何のイベントもやってないので、この女性、どうやらガチのGNZ48ファンのようだ。

顔面偏差値とダンスのレベルが高すぎやろ。

ちなみに広州GNZ48運営がポカリスエット中国のこのポカリダンスTikTokキャンペーンを打ち切った理由は、ポカリスエット香港がやらかした事件。

香港のテレビ局TVBが、香港の「引き渡し条約」改正案問題に反対して政府庁舎に突入した学生を、警官が制圧したというニュースで警察を称賛した。

学生を制圧した警官を称賛するということは、中国政府寄りという意味になる。

TVBのこういう中国政府寄りの姿勢について、どこかのネット民がポカリスエット香港のフェイスブックにメッセンジャーで問い合わせしたところ、ポカリスエット香港の担当者が「TVBへの広告をとりやめます」と返信した。

この返信の画面ショットが香港と中国のネットにリークされ、香港では「ポカリスエット支持!」の声が上がり、中国では「ポカリスエットを買うな!」の声が上がった。

ちょうど広州GNZ48はTikTok本家アプリ「抖音」で、大塚製薬広東と提携してポカリダンスのキャンペーンを始めたばかりだったが、中国国内の女性アイドルグループとして、中国政府支持の立場をとらざるを得ず、キャンペーンを中止した。

その結果、上のGNZ48メンバーのポカリダンス動画がTikTok本家の「抖音」からすべて削除されてしまったというわけ。

シェアする