AKB48グループ・アジア・フェスティバル、2019/8/24上海で開催と突然発表

AKB48グループ・アジア・フェスティバルが2019/01/27タイ・バンコクにつづき、2019/08/24に上海国家会展中心EH虹館で開催されるようだ。

(なお日本のニュースでは「上海の虹館(National Exhibition and Convention Center)」となっているが、正しくは「上海国家会展中心(National Exhibition and Convention Center)」の「EH虹館」)

AKB48(China)の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントも、開催2か月前のこのタイミング、2019/06/24 11:06のツイートで突然発表、しかもこの記事を書いている2019/06/24正午時点で、日本でまったく報道されていない。

今回のアジア・フェスティバル公式サイトはタイ・バンコクで開催されたときと同じ、こちらの「AKB48 Group Asia Festival 2019 in Shanghai」サイト

第一部は各姉妹グループのファンミーティング、第二部はアジア・フェスティバル・コンサート。その中間にハイタッチ会があるとのこと。

AKB48(China)の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントによれば「さらに情報は続々公開、みなさん期待して下さいね~」と、この記事を書いている時点でまだ詳細発表がないのも大丈夫だろうか。

開催2か月前の発表では、東南アジア各国から来るファンにとっては準備の時間がなさすぎる気がするが…。

会場の上海国家会展中心EH虹館はキャパ3,000席で、HYDEやPerfumeもコンサートを行ったらしい。(上海国家会展中心は全体では超大規模のコンベンションセンターだが、EH虹館はこのキャパ)

この会場のコンサートに行ったことがある現地ファンには、音響がヒドいと言っている人がいる。今年2月に日本からPerfumeのライブに出かけた方の中にも音が悪いとTwitterに書いている方がいた。

この記事のアイキャッチ画像(パノラマ撮影で左右が大きくゆがんでいる)を見ると分かるが、一般的なコンサートホールと違って座席に傾斜があまりなく、後方の席はステージが見づらいと思われる。

ただ、アジア各国の48グループが集結するコンサート会場がキャパ3,000で、上海SNH48単独の総選挙やリクエストアワーコンサートがキャパ1万の上海メルセデス・ベンツ・アリーナってどういうこと?

今回のアジア・フェスティバルでも中国語で「授権方」、つまりライセンサーになっているAKSは、中国の48系ファン層はそれくらいだと見積もっているんだろうか。

それとも主催者の湖南芒果娯楽、つまり湖南衛星テレビ系列のタレントマネジメント会社が、中国国内と海外からくるファンの合計をこれくらいと見積もっているのか。

個人的には今の中国国内での上海AKB48 Team SHの知名度、そして「台湾地区同胞」であるAKB48 Team TPの知名度からするとキャパ3,000の会場は妥当な線だと思う。

SNH48ファンももともとAKB48ファンが多いため、かなりチケットを買いそう。中国のことなので例によってダフ屋が買い占めて、びっくりするような高値で転売する可能性は十分ある。

とりあえず「重大発表」が楽しみ。上海で開催するんだから、香港にTeam HKを結成します!とかなると面白いんだけれど(絶対ない)。

シェアする