上海SNH48チーム対抗ライブツアー『燃やせ!チームスピリット』、北京BEJ48 Team Bがミュージカル『Chicago』の本格的パフォーマンス

上海SNH48が今、姉妹グループ含む全10チーム対抗で行っているライブツアー『燃焼吧!団魂(燃やせ!チームスピリット)』、昨夜は北京BEJ48 Team B、広州GNZ48 Team Zの対戦だった。

ファン投票結果はやる前からBEJ48 Team Bの勝ちだと誰もが分かっていて、予想どおりTeam Bの圧勝。

それはいいとしてBEJ48 Team Bの素晴らしいパフォーマンスをご紹介したい。

↓ミュージカル『Chicago』から『Cell Block Tango』

北京BEJ48 Team Bはこういう特別パフォーマンスで、予想をはるかに上回るクオリティのものを出して来るのがすごい。

もう一曲、同じくTeam Bのかなり意外な選曲で『神のまにまに』。日本語バージョンをそのまま使っているのも驚いた。

この間の広州GNZ48の加藤ミリヤもそうだが、いつから日本語OKになったんだろう。

踊っているのは『Cell Block Tango』と同じメンバーで、この幅の広さも北京BEJ48 Team Bのすごいところだ。

この『神のまにまに』は今回のライブの「踊ってみた」(中国語ではオタクのダンスという意味で「宅舞という」)の対戦コーナーだったが、対する広州GNZ48 Team Zの選曲は『とある科学の超電磁砲』オープニングの『only my railgun』。こちらは中国語版。

↓GNZ48 Team Z『only my railgun』中国語版

『とある科学の超電磁砲』も中国で人気のあるアニメで、主役の御坂美琴は「炮姐」で通じる。この曲はビリビリ動画で検索すると、8年前にすでに中国語版があり、中国ボカロ「洛天依」版も作られている。今回の音源は誰が歌っているんだろうか。

ということで、この『燃焼吧!団魂(燃やせ!チームスピリット)』ライブツアーは、ところどころつまみ食いするとかなり見どころのあるイベント。

シェアする