上海SNH48グループ対戦ツアー『燃焼吧!団魂』自動投票合戦でSNH48 Team SIIが1時間半で600万票、Team NIIを逆転

上海SNH48が姉妹グループの北京BEJ48、広州GNZ48含む10チーム(SII、NII、HII、X、B、E、J、G、NIII、Z)対戦形式で行っているライブツアー『燃烧吧!团魂(燃やせ!チームスピリット)』の投票がすごいことになっている。

ライブツアーを協賛で主催している、中国三大携帯電話会社の一社チャイナモバイルの音楽配信サービス「MIGU音楽」が、投票プラットフォームを提供している。

2019/05/04の投票期間開始から2019/05/16までは、この配信サービスの一般会員は1日10票、プラチナ会員は1日30票投票できるというルールだった。

先日ここで書いたように、各メンバーの応援会がお金で会員アカウントを購入し、大量投票していることはほぼ間違いない。

そこへ来て2019/05/16に新たな投票方法が加わった。オリジナル着信音付き動画を購入すると20票投票できるというものだ。

ところがこの新たな投票方法に1日あたりの上限がなかったため、こんなことになった。

↓2019/05/15 20:00~05/17 10:00の各チームの票数のチャート動画

(BGM : 北京BEJ48オリジナル曲『陽光協奏曲』)

着信音投票が追加された2019/05/16昼あたりから、加速度的に票数が伸びている。

それまでトップのSNH48 Team NII 約200万票、SII 約160万票だった。

それがTeam SIIが一気に逆転し、Team SII 約770万票、NII 526票と、今までの投票がほぼ無意味なレベルになっている。

Team SIIは2019/5/16 23:00ごろからたった1時間半で600万も票を伸ばしたのだ。

投票開始後、13日間で160万票なのに、1時間半で600万票。ムチャクチャだ。

動画の最後で票の伸びが止まっているが、じつはこれ「MIGU音楽」が投票規制をかけたため。

筆者も投票ページを開いてみたが、現地ファンの下図の画面ショットと同じだった。

「システムバージョンアップのため、しばらく投票に参加できません。バージョンアップが終わった後、再開します。ご了承ください」とある。

その結果、着信音投票にも1日20票の上限が設定されて今は落ち着いている。

第六回総選挙と直接関係のないチーム対抗ライブツアーでさえ、上海SNH48 Team SII、NIIファンがこれだけ闘争心をむき出しにし、Androidエミュレータを使ってパソコンで自動投票をする。

それくらい投票イベントが白熱するんだから、「MIGU音楽」もウハウハ、上海SNH48運営会社が倒産するなんてまだまだ先の話(汗)。

2019/05/21追記:この期間の投票の異常さを示すグラフを追加しておく。

シェアする