復活した重慶CKG48メンバーがささやかな夢を見る場所

さて問題。下の写真は何でしょうか。

2019/01/19(土)SNH48グループ第五回リクエストアワーでいったんは解散されたが、その後復活した重慶CKG48メンバーだ。

なぜ車庫みたいなところに布団を敷いて寝ているのか。重慶はすでに30度を超える暑さだが、CKG48メンバーの生活センター(宿舎)の空調が壊れてしまい、ガレージで眠った方が涼しいと、昨日の夜はここで眠っていたらしい。

ふつうSNH48と姉妹グループのメンバーの宿舎は2人部屋で、もちろん空調もある。

一方、重慶CKG48メンバーはいったん解散したとき、劇場と宿舎を提供していた不動産ディベロッパーと運営の縁も切れたため、宿舎から追い出された。

今は重慶龍湖時代天街にある劇場を借りて定期公演を行っているが、宿舎もこのショッピングモールの不動産ディベロッパーから借りている。

ただ以前のように2人部屋というわけにはいかず、2段ベッドの6人部屋で生活している。

中国の学生さんは宿舎生活で6人部屋くらいなら慣れているだろうとは言っても、上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48との格差ははっきりしている。

それでも彼女たちは舞台に立ち続けることを選んでいる。

現地ファン含め多くの人は、SNH48グループのメンバーたちは皆、キクちゃん(鞠婧禕)のように独り立ちする夢を追っていると考えている。

ただ筆者はそうは思っていない。もちろん中にはソロ活動を目指しているメンバーもいるが、多くのメンバーはそこまで行けるはずがないと分かってる。

また、そこまで行きたくない。本物の芸能界の厳しさに耐えることなどとても出来ないと思っているメンバーもいるだろう。ファンよりむしろ当事者であるメンバーの方が、現実を冷静に見ているはずだ。

それでも彼女たちが舞台に立ち続ける理由はファンのためだろう。

普通の少女の生活では、たった数百人でも自分のことだけを応援してくれる人たちに出会うことは絶対にできない。

何千、何万の単位でなくても、ファンの声援はアイドルの夢を垣間見るのに十分な支えになっているはずだと筆者は思っている。

メンバーに対して「そんなことじゃ総選挙で圏内に入れないぞ」などなど、中国語でいう「教做人」、ちゃんと努力しろと説教するファンがいるらしい。

人気のないメンバーに「洗脚(人気メンバーの脚を洗ってさし上げる奴隷)」や、「糊了(ダメになった)」「nbcs(nobody cares 誰も気にしてない)」「在中心抠脚(仕事がないので宿舎でヒマそうに足の指を掻いている)」などと言うのは冗談にとどめておいた方がいいと思っている。

数百人と言わず、数十人の熱心なファンに支えられて舞台に立つだけでも、幸福だと思うメンバーが、SNH48グループ全体を支えていて、SNH48グループはそういうささやかなアイドルの夢を持っている女子に、夢を実現する場を与えている。

そうでなければ運営会社にぞんざいな扱いを受けても、なお舞台に立ち続けるはずがない。

宿舎の空調が壊れてガレージで眠ることになっても、彼女たちは定期公演で舞台に立てることに幸せを感じていると信じたい。

シェアする