上海SNH48四期生 炭酸(張丹三)への処分:IDOLS Ftへ降格

上海SNH48四期生 炭酸(張丹三)の新鋭男性芸術家との動画がリークされた件、運営会社の処分が公表された。

リークされたのが2019/04/21(日)、本人が2019/04/23(水)夜、公式アプリ「Pocket48」生放送で正式に説明した翌々日に処分の発表という迅速な対応。

SNH48のこういうところは高く評価できると思う。何か事件が起これば何が起こったかすぐにハッキリして、メンバー本人もすぐに反応して、処分が出るまで何か月も待たされることがない。

処分の内容はチーム「IDOLS Ft」への降格だ。

張丹三についてのこの処分通知は、慣例にしたがえば生活センター(メンバーの宿舎)内にだけ貼り出し、対外的には発表しません。

ただ袋王(訳注:公式アプリPocket48の運営スタッフ)が対外的に公開することにしたのは、この件は全グループのすべてのメンバーとファンの皆さんにお知らせする必要があると思ったからです。

一人のアイドルとして、アイドルという職業の規則を厳守することは、メンバー一人ひとり、アイドルという仕事を選択したメンバー一人ひとりが必ず持つ必要がある自覚です。

私たちは張丹三が自分の過ちを十分認識し、自分の努力で再び皆さんに認められるように、本当に優秀なアイドルになれるように願っています。

処分通告

SNH48メンバー張丹三はアイドルとしての意識が希薄で、入団後たびたび動画撮影や、イベント生放送などの面で会社の管理規則に違反する状況が発生していた。

2019年2月、外出期間中に他人と身勝手に動画を撮影し、かつその動画にはアイドルの身分にふさわしくない動作があった。

アイドルタレントのイメージに反する上述の行為は、すでに『SNH48グループメンバー管理準則』の定めるメンバーの日常行為の規範に関連する規則の重大な違反であり、さらにSNH48グループの名誉に重大なマイナスの影響をもたらした。

SNH48は一貫して「夢、汗、努力」をメンバーの準則とするよう求め、積極的に向上する青春アイドルを作るべく全力を尽くしている。

張丹三は事件の後、自ら経緯を説明し、ネットのうわさが決して事実ではないことを明確にし、公開の場で謝罪をした。

しかし当該の行為がネット上と、SNH48ファン内部にマイナスの影響をもたらしたことをかんがみ、会社は張丹三に以下の処罰を決定した:

1. イエローカード一枚(書面による警告);
2. 即日張丹三をSNH48 Team XからIDOLS Ftへ降格し観察処分とする;
3. 即日張丹三の一切の宣伝の機会および営業活動を取り消す;
4. 張丹三のサブユニットのレッスンなどその他の仕事をしばらく停止する。

SNH48の多数のメンバーがこれをもって戒めとし、終始自身のアイドルとしての立場を肝に銘じるよう望む。舞台の上でも下でもプラスの、ポジティブな役割を担い、ファン、会社および社会の期待を裏切らないようにすること。

ご承知のように、「IDOLS Ft」は2019/01/19(土)SNH48グループ第五回リクエストアワーで新たに結成されたチームで、同時に解散された瀋陽SHY48と重慶CKG48メンバーの大部分、そしてSNH48の一部メンバーがこのチームに降格された。

その後復活したCKG48が今年の第六回総選挙に参加しないことは決まっているが、チームIDOLS Ftメンバーが参加できるかどうかは、たしかまだ決まっていなかったはず。

もし参加できれば去年の第五回総選挙で第20位だった炭酸(張丹三)が圏内に入るのは確実で、ルールによればIDOLS Ftから正規メンバーに復帰できる。

ただ、彼女がメンバーとして選ばれたサブユニットは第六回総選挙でお披露目される予定で、たとえ彼女が総選挙の結果正規メンバーに復帰できても、サブユニットのお披露目には間に合わない。

またIDOLS Ftは仕事はなくなるが公式アプリ「Pocket48」の生放送や中国ツイッター(新浪微博)でのツイートなどはできる。

今後どのような活動になるのか注目したい。

2019/04/25同日追記:炭酸(張丹三)の公式写真がさっそくSNH48劇場の壁からはがされていたらしい。仕事が効率的すぎる…。

シェアする