AKB48 Team SHが『Produce101』パクリ番組『青春有你』女性版に参加、独立への布石?

やはりAKB48中国再上陸の上海AKB48 Team SHは独立を目指しているように見える。

2019/04/28にAKB48 Team SHメンバーが中国中央テレビ「五四運動」100周年記念番組に参加することがその一つ。

「五四運動」は1919年に起こった抗日・反帝国主義運動で、明らかにAKB48姉妹グループの枠組みを超えている。SNH48でさえ、AKB48から独立するまではこれほど共産党寄りの番組には出なかった。

さらにAKB48 Team SHは、中国動画サイト「iQiYi 愛奇藝」が堂々と韓国『Produce101』をパクって放送している『偶像練習生』『青春有你』シリーズの次回番組『青春有你』第2シーズンに参加する。

2019/04/27に北京で行われる収録に、毛唯嘉、朱苓、李詩綺、沈瑩、葉知恩、徐依婷などが参加するようだ。

ご承知のようにAKB48 Team SHは正式デビュー前、毛唯嘉、劉念の2人が練習生として中国テンセント動画が韓国Mnetから正式に版権を購入した中国版『Produce101』に参加していた。

そしてAKB48本部も韓国Mnetと共同で『PRODUCE48』を放送し、IZ*ONEをデビューさせた。

にもかかわらずAKB48 Team SHは今回、完全なプデュパクリ番組『青春有你』に参加するのだ。

↓『偶像練習生』ポスターイメージ

↓『青春有你』1stシーズン ポスターイメージ

仮にAKB48 Team SHメンバーがこの『Produce101』パクリ番組から生まれる女性グループのメンバーに入れたとして、日本側AKB48運営とどういう顔で仕事をするんだろうか。

AKB48 Team SHのこの2つの動き、つまり、かなり共産党寄りの特番への出演、『Produce101』のパクリ番組への出演は、どちらも日本側の意向より中国市場を重視し始めたことを意味している。

すでにAKB48から独立して中国国内に活動をほぼ限定しているSNH48なら、五四運動特番に出ようが、『Produce101』パクリ番組に出ようが問題ないし、日本人もどうでもいいと思うだろう。

しかしAKB48が中国に再上陸して結成した公式姉妹グループが、2018/12/03のデビューから半年もたたないうちに、中国市場重視を大胆なやり方で明確にしている。

これが独立へ向けた動きでないとしたら、いったい何だろうか。

シェアする