AKB48 Team SHが抗日反帝国主義「五四運動」100周年番組に出演、愛国アイドルへの第一歩!!

ついにAKB48 Team SHが中国「愛国アイドル」へ一歩ふみ出した!!筆者は感激している!!

2019/04/28 AKB48 Team SHメンバーが中国中央テレビの五四運動100周年記念番組『青年中国説』の収録に参加するのだ!!(下図は『中国青年説』となっているが誤り)

「五四運動」はググって頂ければ分かるが、1919年に中国全土で展開された抗日・反帝国主義の大衆運動である。

ちなみに、SNH48は当然ながら日本のアイドル評論家がいうところの「愛国アイドル」なので、2017年、2018年と、五四運動にかかわる中国中央テレビの特別番組『五四青年晩会』に参加している。

これでSNH48とAKB48 Team SHは抗日・反帝国主義大衆運動100周年をともに祝い、手を携えて中国の特色ある社会主義アイドル、中国の「愛国アイドル」として活動できることになりそうだ。

AKB48 Team SH運営会社が中国でアイドル活動をつづけるために正しい方向へ踏み出してくれて本当に良かった。

ここからは真面目に書く。

「五四運動」当時はもちろん中国共産党は存在しない。五四運動を「五四青年節」という青年の愛国精神を鼓舞する祭日にしたのは中国共産党で、現在では抗日色はほぼない。

この日にかこつけて共産党が10~20代の若者に党の考え方や価値観をあらためて浸透させるといった感じの日。各種記念番組には若者に人気のタレントやアイドルも出演する。

AKB48 Team SHが活動の幅を広げるにつれて、下記の記事のような日本側の「誤読」がますます重要になる。

『SNH48による“文化の創造的破壊”は終焉へ? 田中秀臣が読み解く“アイドルと中国カルチャー”』(『リアルサウンド』田中秀臣 2017/11/26)

なお下記は安田峰俊氏らしい、SNH48を通したすぐれた中国観察記事でおススメ。

『秋元氏もビックリ? 愛国アイドル化する元AKB48「契約違反」中国姉妹グループ』(『文春オンライン』2017/10/04 安田峰俊)

シェアする