AKS中国再上陸のAKB48 Team SH、劇場公演もまだなのに二期生募集開始

AKB48中国再上陸のAKB48 Team SHだが、まだ専用劇場も発表されていないし、劇場公演も始まっていないのに来月2019/05から二期生の募集が始まるとのこと。

このタイミングでの二期生募集は、今年中に劇場公演を始める前にメンバーを充実させるためかもしれない。

上海の街頭のあちこちのデジタルサイネージで募集告知がされているようだ。上の画像は2019/04/22 10:28のAKB48 Team SH中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントのツイートから。

例によって版権でいろいろ言われないようにメンバーの顔はモザイクをかけた。この3人が内部セレクションによるTOP3、劉念、毛唯嘉、徐依婷。

告知されている場所は以下の通り。

上海大悦城、仙乐斯广场、长风大悦城、亚龙国际广场、大宁国际商业广场、新天地时尚、凯德星贸、香港名都、世博源、悦达889广场、新梅国际、巴黎春天陕西北路店、浦东嘉里城、汇金百货徐汇店、汇金百货长宁店、日月光中心、宝地广场、中房金谊、诺亚新天地、新邻生活站

フツーの中国人はAKB48 Team SHとSNH48の区別がつかない。中国ではどちらも日本のアイドルグループの姉妹グループという程度の認識しかない。

そして応募しようと思う女子のうち、日本のAKB48グループのファンではないが両者の区別がつく人は、正統性で選ぶか、卒業生のキクちゃん(鞠婧禕)などの活動実績で選ぶかになる。前者ならAKB48 Team SHに応募し、後者ならSNH48グループに応募する。

日本のAKB48グループのファンなら、ほとんどがAKB48 Team SHを選ぶだろう。

ただ、NGT48の件が中国のAKB48ファンの間で、AKSの評価や信頼感を落とすことになれば「SNH48の運営のほうがまだマシ」ということにもなりかねない。

なおこのブログからAKB48 Team SHの記事が消えたときは、筆者が使っているインターネットプロバイダ経由で、AKSから圧力がかかったとご理解ください(汗)。

シェアする