上海SNH48小ネタ集:第二回運動会街頭広告、ジェニー中央戯劇学院合格、キクちゃん主演ネットドラマの反響、GNZ48特別公演

上海SNH48グループ小ネタ集。

上海SNH48第二回運動会デジタルサイネージ

2019/04/13に上海宝山体育館で開催される上海SNH48グループ第二回アイドル運動会、なぜか上海や北京の街角でデジタルサイネージの広告を打っているらしい。

↓前半は上海、後半は北京BEJ48 Team Bヤオヤオ(胡麗芝)がたまたま見つけた北京の広告

以前SNH48グループ総選挙で上海市内のバスや地下鉄の駅で同じようなデジタルサイネージ広告を出したときの光線伝媒と、今回も企業との提携らしい。

上海SNH48六期生ジェニー名門演劇大学合格

上海SNH48六期生ジェニー(孫珍妮)が名門演劇大学・中央戯劇学院に合格したようだ。

↓下図のオレンジ色の枠に名前がある。

中央戯劇学院は北京にあるが、上海SNH48公演との掛け持ちが大変そうだが、他の別の都市の大学に通っているメンバーと同じように毎週飛行機で往復になるんだろうか。

キクちゃん主演『新白娘子伝奇』の反響

中国動画サイト最大手「iQiYi 愛奇藝」で2019/04/03から公開されている、SNH48卒業生キクちゃん(鞠婧禕)主演のネットドラマ『新白娘子伝奇』、同サイトではネットドラマとトップという破格の扱いをしてもらっているが、反響はどうなんだろう。

例によってどこまで信用できるか分からないランキングを見てみる。

同サイトで公開されているネットドラマ内でのランキング

↓2019/04/04分にはまだランクインしていない。

↓2019/04/05分で第4位にランクイン。

そしてネットメディア全般でのキクちゃん(鞠婧禕)のランキング。

↓2019/04/04分のタレント注目度ランキング。まだランクインしていない。

↓2019/04/05分。いきなり第1位。しかも元EXOレイ(張藝興)の上。

公開直後は中国ツイッター(新浪微博)の検索ホットワードでも第5位あたりまで上がっていたようだ。下図の第5位に「新白娘子伝奇真仙」とある。

この「真仙」は「真香」のダジャレ。「真仙」は「主役のキクちゃんが本当に仙女みたいに素晴らしい」という意味。

元ネタの「真香」は中国のネットミーム。

テレビのリアリティーショーで都会の男の子が農村生活体験に出かけ、ヒドい生活環境にうんざりして文句ばかり言っていたのに、食事に出された白米があまりにおいしくて「真香!(めっちゃウマい!)」と叫んだ。

ここから、ヒドいに決まっていると思っていたものが、実際に体験すると予想と違ってスゴかったと手のひら返しをする意味に使う。

どうせヒドいネットドラマだろと思って観てみたら、すごく面白かったという自画自賛検索ワード。SNH48運営会社がお金で買ったランキングと思われる。

中国ツイッターの検索ワードランキングをお金で買うことは、中国ではどの芸能事務所もやっているらしい。

広州GNZ48特別公演『塑料姐妹瓜』

2019/04/07(日)に広州GNZ48 Team NIIIが特別公演『塑料姐妹瓜』を上演するが、GNZ48運営がわざわざこの特別公演のためだけに予告編映像を制作した。

この予告編、広州GNZ48のオリジナル公演の予告編をずっと観ている人には、そのパロディだと分かる。

元ネタはGNZ48 Team NIIIデビュー公演『僕の太陽(我的太陽)』の予告編映像。

せっかくなのでマッシュアップしてみた。

『僕の太陽』公演の『Dreamin’ Girls』はEメジャー、『暴走少女』はDマイナーの曲なので、前者を半音上げて平行調にし、テンポを『暴走少女』に合わせた。冒頭のミッフィー(劉力菲)とリカちゃん(唐莉佳)のハミングのタイミングも合わせた。映像の方はメンバーのデビュー当時と現在のカットを合わせてある。

この『塑料姐妹瓜』の元ネタは「塑料姐妹花」。女どうしの友情は造花(塑料花:プラスティック製の花)みたいなもので、ニセモノだけれど長続きするという意味。

「花 Hua」と「瓜 Gua」は韻をふんでいる。「瓜」は芸能界のスキャンダルの意味。瓜の種をボリボリかみながら、またはスイカ(西瓜)を食べながら芸能人のスキャンダルを高みの見物的な意味。

たぶんこの特別公演は、コントできわどいSNH48の内輪ネタをぶっこんでくるに違いない。

シェアする