上海SNH48出資のZANYBROSが中南米向けにも7SENSESをPRしていることに今ごろ気づいた

上海SNH48運営会社が出資している韓国のMV制作会社ZANYBROSがK-POPのタレントマネジメント事業も始めている件は以前にここでもふれた。

SNH48のK-POPサブユニットが2019/02/21~02/28に韓国でプロモーションを行ったときもサイン会はCafe ZANYBROSで行われ、直前には同社所属で『Produce48』に練習生として参加していたAlex Christineも、Instagramで7SENSES韓国プロモーションのPRをしてくれていた。

で、ここからはインターネットのつながりが発散しすぎでよく分からないのだが、とりあえず書いてみる。

昨日、Alex Christineが自身のInstagramに、BLACKMAMBAというKSTAR GROUP STARENT所属のK-POP女性グループとミニバラエティーのような動画のダイジェストをUPしていた。

↓そのフルバージョンはこちら。

メンバーが自己紹介で「HOLA」とあいさつしているように、この動画にはスペイン語とポルトガル語の字幕がついている。自動字幕ではなく人間が付けた字幕だ。

そう思ってYouTubeの「ZANY TV」公式チャンネルを見てみると、以下の動画が見つかる。

ZANYBROSがK-POPをラテンアメリカにPRしていたことに今ごろ気づいてしまった。

この公式チャンネルではっきりとラテンアメリカ向けと分かる動画は2016/08/30のもの。その後一貫してポルトガル語、スペイン語の動画をUPし続けている。

↓例えばこれはMamamooがラテンアメリカ圏のファンからの質問に答えている動画。

やはりポルトガル語、スペイン語字幕がある。他にGFRIENDも同じ企画に出演している。

そして2017年の上海SNH48グループもポルトガル語、スペイン語字幕つきで紹介されている。

この2017年第三回総選挙コンサート紹介動画は当時見ていたが、単に英語で紹介しているだけと思っていたら、これもラテンアメリカ向けだった。

その流れで当然7SENSESも2017年からこのチャンネルに登場している。

そしてSNH48運営会社が結成したK-POPスタイルの男性アイドルグループ「D7BOYS」も登場する。

で、ネットでいろいろ調べてみると2012年ごろからK-POPはすでに中南米で草の根的に人気が出始めていたらしい。

「中南米で「K-POP産業最大の成功」」(2018/05/01 しろねずみ日記)

それでTwitterの7SENSES関連タイムラインに、ときどきスペイン語やポルトガル語のツイートが出てくるわけだ。

これはブラジルのSNH48グループ・ファンクラブTwitterアカウント

このZANY TVチャンネルはフォロワー33万で悪くない数字だと思うが、中南米全体からするとファンのベースが小さすぎて、SNH48グループやZANYBROSにとっては市場にならなさそう。

ただ、ZANYBROSの中南米展開は初めて知ったので記事にしてみた。

シェアする