上海SNH48『HEADING NEWS』『PLAN SALVATION』の作曲者・清水裕太がkoshinの制作会社所属のSHIMA(?)と判明してスッキリ

上海SNH48の全曲オリジナル公演、Team HII『HEADING NEWS』、Team SII『PLAN SALVATION』に楽曲提供している「清水裕太」氏の正体がようやく分かったので記事にしておく。

やっぱりというか、koshin(胡臻)氏の音楽制作会社、上海音泰文化伝媒の所属だった。

こちら、上海音泰文化伝媒公式サイトの所属アーティストページで確認できる。

じつは以前「清水裕太」がいったい誰なのか調べているとき上海音泰のこのページも見たのだが、そのときは名前がなかく、昨日久しぶりに見たら名前があったというだけのこと。

訂正:郭德紫毅さんはkoshinさんの会社所属ではなく、甘世佳氏と同じく独立して活動している作詞家とのこと。

ちょっと面白い発見は、この2つの公演のコンセプトと作詞を担当している郭德紫毅さんは、ディーン・フジオカの2019/01/30リリースの最新アルバム『History In The Making』に中国語詞を提供しているということ。

「Let it snow!」という日本テレビで放送のドラマ『今からあなたを脅迫します』主題歌のようだが、この曲の中国語詞は郭德紫毅さん。

JASRAC上の権利者はディーン・フジオカになっているので郭德紫毅さんに印税収入はなく、権利の売り切りということだろう。SNH48や北京BEJ48向けの楽曲も売り切りのはず。

で、なぜディーン・フジオカに中国語の歌詞が必要?と思ったら、案の定中国でツアーをするらしい。ディーン・フジオカ公式サイトのこちらのニュースページ参照

2019/04/12(金) 上海 MODERN SKY LAB
2019/04/20(土) 香港 Music Zone@E-Man
2019/04/27(土) 台湾 CLAPPER STUDIO

そりゃたしかに中国語の曲は1曲くらい必要。ディーン・フジオカが中国ツイッター(新浪微博)に公式アカウントを持っていることもついさっき知った。

2019/03/19追記:たまたま再び上海音泰文化のウェブサイトを見たら、清水裕太氏の名前がSHIMAに差し替わってました(笑)。SHIMA氏はSNH48に『人間規則』や『双生花』などを作曲してます。ペンネームなのか別人なのか(汗)。

シェアする