AKB48中国再上陸の上海AKB48 Team SHメンバー、JUNKO KOSHINOとコラボで3か月間日本でファッションデザイン研修

AKB48中国再上陸の上海AKB48 Team SHが、結成当初予告していた「Idol Plus Project」を始動させたが、具体的な内容が明らかになったので日本語試訳しておく。

JUNKO KOSHINOとのコラボで、AKB48 Team SHメンバー魏新、袁瑞希の2名が日本で3か月間、ファッションデザインの研修を受けるとのこと。

JUNKO KOSHINO社が研修メニューを計画し、2人にファッションデザインの基礎と関連する記述を指導するのは、第一線のデザイナー小塚真起子。

研修終了後、テストに合格したメンバーはデザイナーとしてデビュー。大咖设计(中国のファッション販売アプリ)と新ブランドを開発する。

同時に研修の過程をリアリティーショー・ショートムービー『AKB少女90日の挑戦(AKB少女90天的挑战)』として近日中に中国国内の動画サイトで公開する。

・・・というのがIdol Plus Projectの概要。

上海SNH48グループはご承知のように、中国国内の各種ファッションブランドと提携し、メンバーがモデルを担当するファッション大賞というイベントを4年連続で開催している。

なのでファッションブランドとのコラボには何の新規性もないし、まだ劇場公演も始まっていないのに「各界のプロとのコラボでメンバーの第二の技能を育成する」のはどうかと思う。

比較的人気のあるメンバー2人が3か月間日本で研修するということは、向こう3か月は劇場公演が始まらないということだ。

もしかするとTeam SHも台北Team TPも二期生入団まで劇場公演をしない計画なのではと思ってしまう。

ただ今回の企画はファーストMV同様、日本での撮影ということでAKB48 Team SHの「AKB48中国人メンバー」という利点を十二分に活かせることは間違いない。

シェアする