上海SNH48最近のお仕事:CLINIQUE、幻冬舎『GINGER』、キクちゃん(鞠婧禕)、業界団体イベント

上海SNH48グループのお仕事をまとめてご紹介。

上海SNH48テテちゃん、CLINIQUEのPR大使

上海SNH48二期生テテちゃん(黃婷婷)がエスティーローダー傘下の化粧品ブランドCLINIQUEの「iD大使」に就任した。

↓ティザー的な動画はこちら

今回CLINIQUEは「iD大使」として5人の女性タレントを起用している。そのうちすでに発表されているのは戚薇、楊超越、黃婷婷の3名。

↓カラー別に5人のPR大使

↓一人目の戚薇

↓二人目のロケットガールズ・楊超越

中国ツイッターのフォロワーが4,000万を超えている女性俳優・戚薇と同じお仕事というだけでかなり良いのではないか。

楊超越はご存知のように中国正式版『Produce101』からデビューしたロケットガールズでミギ(孟美岐)、ソニ(吳宣儀)にならぶTOP3の人気メンバー。

この2人と並ぶと、正直テテちゃん(黃婷婷)の現地一般人の間での知名度はかなり落ちる。SNH48運営会社の頑張りで取れたお仕事という印象。

それに答えてテテちゃんの応援会がファンにいっせいに司令をかけて、中国全国各地にあるCLINIQUEショップで商品の購入を呼びかけるという力の入れようで、やっぱり中国の応援会の組織力はすごい。

広州GNZ48、幻冬舎『GINGER』中国版に登場

昨年2018/10/18幻冬舎『GINGER』が北京で中国版創刊イベントを開催し、広州GNZ48からCK(陳珂
)、Kimmy(鄭丹妮)、ミッフィー(劉力菲)、リカちゃん(唐莉佳)が出席した。

その流れと思われるが、広州GNZ48ハナちゃん(謝蕾蕾)Kimmy(鄭丹妮)ミッフィー(劉力菲)CK(陳珂)リカちゃん(唐莉佳)が2019/03号の誌面に登場したらしい。

現地ファンが誰も誌面スキャンをUPしていないので、中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントの画面ショットだけ。カバーでは「GNZ48」とひとくくりになっている。

2019/03号には稲垣吾郎さん、柴咲コウさん、森星さん、新田真剣佑さんも登場しているが、日本版と並行しているわけではないようだ。

キクちゃん(鞠婧禕)スマホゲームのイメージキャラクター

SNH48卒業生でソロ活動中のキクちゃん(鞠婧禕)がスマホゲーム『天空之門』のイメージキャラクターになった。正直ビミョーなお仕事だが、まあ良いでしょう。

↓プレイ動画はこちら

この手のアイテム課金型MMORPGって山ほどある上に次々リリースされるけれど、誰かやってる人がいるんだろうか…。

運営は中文在線数字出版グループ傘下の中文遊戯(hineseall Game)、開発元はAppStoreのクレジットによると広州市四月天信息科技

北京BEJ48、第二回中国網絡表演行業高峰論壇に出演

北京BEJ48らしい北京でのフォーマルなお仕事。中国のネットメディアの業界団体、中国演出行業協会が主催したイベントのようだ。

↓レッドカーペットとオリジナル曲『元気覚醒』『Eyes On Me』

北京BEJ48運営会社は去年2018/09にこの団体の理事になっている。他にも動画サイトや生放送アプリ運営会社が多数理事を務めている。

フルのイベントタイトルを日本語試訳すると「第二回中国ネットパフォーマンス(生放送)業界サミットおよびネット生放送年度フェスティバル」。

Team B、E、Jの人気メンバーも含め大勢で参加、珍しくTeam Eふーこちゃん(馮思佳)がセンターを務めたのは、彼女がSNH48公式アプリ「Pocket48」の「生放送女王」だからかもしれない。

これだけ大勢で参加したのは、北京BEJ48運営会社として業界団体で確固たるポジションを確保したいというアピールなのかも。

↓Team B

解散された瀋陽SHY48から移籍したばかりの張羽涵趙天楊(左端の2人)もさっそく北京BEJ48メンバーとして参加

↓Team E

こちらも瀋陽SHY48から移籍した臧聪(いちばん背が高い)がさっそく参加。

↓Team J

Team JはYokie(孫語姍)が飛び抜けて背が高い。プロフィールでは右端のヨウヨウ(任心怡)より3cm高いだけのはずだが、まだ伸びているんだろうか(笑)。

以下、パフォーマンスの写真。

↓ふーこちゃん(馮思佳)がセンター

↓この写真もふーこちゃん(馮思佳)がセンター

北京BEJ48、2019全国高校新媒体論壇に参加

日本語試訳すると「2019全国大学ニューメディアサミット」。こちらは韓家樂張懷瑾張夢慧熊素君房蕾楊一帆沈小愛柏欣妤と少人数での参加。

↓オリジナル曲『青春肩並肩(青春は肩を並べて)』

中国ツイッターの運営会社「新浪」が毎年開催しており、中国全国の大学生のネットメディアのオリジナリティーのある活用を表彰するイベントらしい。

今回BEJ48は「2018年度微博最具校園活力女子団体(2018年度ウェイボーの最もキャンパスパワーのある女性グループ)」という賞を受賞したようだ。主催者がゲストにプレゼントする参加賞みたいなものだろう(汗)。

↓Team Jキャプテン張懷瑾、瀋陽SHY48から移籍したルールー(韓家樂

↓ルールー(韓家樂)がセンター。総選挙の順位では確かに張懷瑾より上。

↓やはりルールー(韓家樂)がセンター

↓左端は解散した重慶CKG48から移籍のバイバイ(柏欣妤

シェアする