上海SNH48運営会社がメンバーの罰金を制度化?

2019/01/19の上海SNH48グループ第五回リクエストアワーで発表された大組閣で、瀋陽SHY48、重慶CKG48が解散、85名のメンバーが「IDOLS Ft」という、公式アプリ「Pocket48」の生放送以外に仕事のないチームに降格になった。

上海SNH48運営会社が、かっこよく言うと「スクラップ・アンド・ビルド」の時期に入ったのは明らかだ。

「IDOLS Ft」に降格されたメンバーは今月2019/02末までに「IDOLS Ft」としての追加契約に署名するかどうか決める必要がある。

「IDOLS Ft」メンバーは生活センター(メンバーの宿舎)からすでに退居させられ、これまでの生活手当もなくなっている。

今後まったく芸能活動をするつもりがなければ、署名してSNH48運営会社とのタレントマネジメント契約に拘束されても損することはない。

署名しなければどうなるか、筆者も結局のところよく分かっていない。

あるメンバーは署名しないこと自体が業務命令違反だとスタッフから言われており、別のメンバーは署名したいのにスタッフをつかまえられなくて困っている。また、すでに署名したメンバーもいる。

もしかすると署名しなければ自主退団扱いになり、違約金請求があるのかもしれない。

もう一つ、「IDOLS Ft」に降格されなかったメンバーにも「罰則」が加わった。

以前から存在している罰金が制度化されたらしい。

劇場MC(トークコーナー)で不適切な発言があったり、公演に無断欠勤すると、以前からギャラが引かれることはあったようだが、それが正式なルールになったとのこと。

今までメンバーは「扣銭(コウチェン)」と言っていたが「扣分(コウフェン)」という名前に変わっている。「銭」という言葉が禁止になったかららしい。

これも誰かが内部事情を正確に把握しているわけではなく、メンバーの公式アプリの生放送などの発言から少しずつ分かってきていることだ。

罰金(扣分)になるのは今わかっている範囲で以下の項目とのこと。

・政治的に敏感な話題
・SNH48運営会社の名誉を傷づける発言(会社がなくなるかも、倒産するかもなどの発言)
・劇場の消耗品(ティッシュペーパーや紙コップ)の使いすぎ
・公演の途中で勝手に帰る
・舞台の上で座りこむ行為(メンバーがトークコーナーでよくやるが…)
・公演終了後のハイタッチ会に参加しない
・振り付けを間違える
・決められた公演出演曲すべてに出演しない
・公演でダンスの手を抜く
・悪意で会社の上層部を非難する(王子傑社長やタレントマネジメント責任者の葉盛など)
・小道具を壊したり衣装を傷める
・公演時間を超過する

日本的な感覚では「当たり前だろ」と言いたくなる項目も多い。

ただ、会社に批判的なことを自虐ネタでも言えなくなるのは、公演のトークコーナーの相当笑えるネタが一つなくなってしまう。

現地ファンによればSNH48結成当時、まだAKSが運営に参加していた頃は、「先輩」と呼ばなかっただけで事務所に呼ばれて叱られたり、床拭きや劇場掃除と、いかにも日本っぽい罰があったらしい。

今は上海SNH48だけでもメンバーが100名弱で、とても「精神論」で指導しきれなくなり、金銭的な罰の方が効率的で、ギャラのカットによる経費節減にもなるということだろう。

北京BEJ48、広州GNZ48も同じような制度を導入するのかは分からない。

SNH48運営会社が今の「スクラップ・アンド・ビルド」の時期を乗り越えた後、どういう展開になるんだろうか。

カテゴリー: 03:現地情報 タグ: , , , , パーマリンク