上海SNH48 KIKI(許佳琪)ダイモン(戴萌)、ニューヨーク・ファッション・ウィークに参加

上海SNH48のK-POPスタイルサブユニット「7SENSES」メンバーの2人、一期生KIKI(許佳琪)、ダイモン(戴萌)がニューヨーク・ファッション・ウィークに参加している。

↓左:KIKI(許佳琪)、右:ダイモン(戴萌

実は今回のニューヨーク渡航は2017年、中国の有名男性モデル胡兵(フー・ビン)さんが参加したSNH48グループ・ファッション大賞の賞だった。

ファンと審査委員の投票で選ばれた上位7名「Style 7」が「胡兵さんと国際的なファッションショーに参加する」という賞を獲得。

受賞者はダイモン(戴萌)、KIKI(許佳琪)、陳倩楠、マオマオ(李宇琪)、レンレン(吳哲晗)、マネー(錢蓓婷)、炭酸(張丹三)の7名だった。

それが1年半越しでようやく実現という、SNH48運営会社に現地ファンからまたツッコミが入りまくっている状況だが、その上に今回は去年第五回総選挙でTOP1のカチューシャ(李藝彤)がからんだゴタゴタがあった。

今回のニューヨーク渡航は中国のビールブランド・ハルピンビール(哈尔滨啤酒)と1972年ニューヨーク設立のアパレルブランド「PONY」がスポンサーになっている。

今年初め、ハルピンビールが中国のトレンドを代表する人気タレントとして選んだ6人に、SNH48運営会社の営業努力が実ってカチューシャ(李藝彤)が選ばれた。

↓ハルピンビール2019/01/09のツイートから。

この6人の中から今回のニューヨーク・ファッション・ウィークに参加することになっていて、じっさい董又霖さん、陳意涵さんの2名が渡航している。

なお李子璇さんが入っているのは中国版『Produce101』で第12位になり、惜しくもロケットガールズとしてデビューするチャンスを逸したが、番組主演をきっかけに人気タレントになったから。

つまりSNH48グループ・ファッション大賞とは無関係で、カチューシャのファンは当然彼女がニューヨークに行けるものだと思っていたわけだ。

ところが、米国ビザが下りなかったという理由でカチューシャは参加できず、「代わりに」KIKI(許佳琪)とダイモン(戴萌)が渡航することになり、2017年SNH48ファッション大賞の受賞者だからという理由が付けられた。これが米国渡航のつい1週間前のこと。

当然、カチューシャのファンは疑問に思う。カチューシャ、KIKI、ダイモンの3人が米国にビザ申請して、なぜカチューシャだけ下りなかったのか。SNH48運営は「意図的に」カチューシャを外したのではないか。

ここからの展開はご想像のとおりで、カチューシャのファンと、KIKI、ダイモンのファンの「内輪もめ」状態だ。

そこでスポンサーのハルピンビール、PONY中国は、カチューシャが2019/03/31開催の上海ファッションウィークに特別参加するという「埋め合わせ」を発表している。

実際には、単にカチューシャのネットドラマ撮影と時期が重なってしまい、ピンの仕事よりも撮影を優先させざるを得なかったというだけのこと、という節が有力だ。

しかし、それでもスケジュール調整して1週間米国渡航くらいできるだろ、ビザが下りなかったというのは単なる運営の言い訳じゃないのかと、カチューシャのファンは疑心暗鬼になっている。

そういううんざりするような「内輪もめ」があった上で、いまKIKIとダイモンはニューヨークにいる。

そこで中国トレンドがテーマのPONYのショーに参加し、何とそれを2人の写真つきで「鳳姐」が中国ツイッター(新浪微博)でツイートするという流れになっている。

↓こちらが「鳳姐」のツイート

その6枚目が、この記事の最初につけた画像だ。「一起哈啤」は「いっしょにハッピー」の意味だが、「哈啤」は「哈尔滨啤酒(ハルピンビール)」の略称でダジャレになっている。

で、「鳳姐」って誰?となるが、中国の20代、30代で彼女を知らない人はいない。ここ十数年中国のゴシップをフォローしていれば必ず知っている名前だが、ここで解説するのは長くなるのでやめておく。いま中国を離れてニューヨークで生活しているということだけでいい。

それだけの有名人で中国ツイッターのフォロワー数も986万、その彼女のツイートにさらっとKIKI、ダイモンの画像が貼られていた。参加できなかったカチューシャのファンの怒りは当分おさまりそうにない。

↓ハルピンビール公式アカウントの昨夜のツイートはこちら

他のタレントさんがPONY中国のショーに参加した写真も貼られている。

ということで、SNH48にとって貴重なメディア露出のチャンスも、すんなりいかないのがSNH48の面白いところ(汗)。

シェアする