北京BEJ48、中国中央テレビ旧正月子供向け特番『童声唱』3回連続出演

北京BEJ48が春節期間中2019/02/05~12まで8日連続で夕方に放送される中国中央電視台CCTV15音楽チャンネルの子供向け特番『童声唱』に2019/02/06、02/08、02/11の3回出演するようだs。

中国中央電視台のこういう細かいお仕事を拾えるのは、首都北京のBEJ48ならでは。

収録に参加したメンバーはBEJ48 Team BからDDD(段藝璇)ミルク(劉姝賢)ゆーわん(青鈺雯)、Team E まゆりん(馬玉靈)シャオシュー(劉勝男)、Team J ハスキー(王雨煊)レイバオ(房蕾)みゃおみゃお(葉苗苗)。

↓2019/02/06放送分 オリジナル曲『微笑的向日葵(微笑みのひまわり)』

↓2019/02/06放送分 マレーシアからの出演者の歌とゲームコーナー

ヘッドフォンから聞こえる音楽をハミングして周りの人が当てるという、よくあるゲーム。

↓2019/02/08放送分 オリジナル曲『你好!未来』

BEJ48の1st EP収録曲で本来の曲名は『Hello!Mr.未来』。

↓2019/02/13追記:2019/02/11放送分オリジナル曲『光芒』

↓こちらが2019/02/06放送分第二回のポスターイメージ

『Hello!Mr.未来』の曲名もそうだが、中国国営テレビなのでBEJ48はすべて漢字で「北京絲芭女子団体組合」となっている。子供向け番組だからということもあるのだろう。

「築夢嘉賓」というキャッチフレーズがつけられている。文字通り「夢を築くゲスト」の意味。

↓これも第二回のポスターイメージ

↓第二回のセットリスト。BEJ48は大トリ

↓2019/02/08第四回のポスターイメージ

↓第四回のセットリスト。BEJ48はオープニング

↓これは記事を書いている時点で未放送の2019/02/11第七回。BEJ48はオープニング

この第七回は3曲めに『卡路里(カロリー)』がある。中国版公式『Produce101』からデビューした11人組女性アイドルグループ「ロケットガールズ」のヒット曲だ。

この曲を国営テレビで子供がカバーして歌うくらいだから、やっぱり2018年にロケットガールズがそれだけブレイクしたことになる。

残念ながらSNH48グループのオリジナル曲にそういう曲はない。唯一あるとすれば『逐夢演芸圈』だが『卡路里』と同じような「キワモノ」曲だ。

アップテンポな曲で中国大陸でブレイクするのはこういうダサいキワモノ曲が多い。中年女性が公演に集まって踊る「広場舞」のBGMになりそうな曲。

個人的にキワモノ曲をプッシュしない上海SNH48グループの音楽総監のセンスの良さは素晴らしいと思うが、中国大陸で商業的に成功するにはリスナーのレベルの低さに合わせる必要があるという悲しさ。

シェアする