上海SNH48第五回リクエストアワーで発表の「海外練習生計画」、16~18歳メンバーが2年間海外特訓

昨夜2019/01/19(土)、AKB48リクアワと同日に開催された、上海SNH48グループ第五回リクエストアワーBEST50の「重大発表」のうち、海外練習生計画を別記事として取り上げる。

↓詳細はこちらの公式アカウントのツイート

重大発表―海外練習生計画。絲芭伝媒(SNH48運営会社の名前)は中国国内の大型女性グループ市場をリードし、アイドル育成とスター製造モデルの多様化、国際化を実現するために一歩ふみ出します。

今年絲芭伝媒は16歳から18歳の新世代メンバーの一部を、海外基地に送り、二年間のハイクラス、高強度、ハイレベルの訓練を受けさせ、次の世代の良質なアイドル人材を育成します。

第一弾の海外練習生に入選した5名のメンバー、おめでとうございます。

元瀋陽SHY48高崇、上海SNH48李佳恩、元瀋陽SHY48王秋茹、広州GNZ48徐佳音、上海SNH48周睿林

以上のメンバーは春節の後、しばらくファンの皆さんとお別れし、夢のために汗を流して全く新しい道へと進みます。彼女たちが成長して早く帰ってくるのを楽しみに待ちましょう!

運営が選んだ第一弾海外練習生は以下の5名。

↓元瀋陽SHY48 トゥオトゥオ(高崇

↓上海SNH48 ちゃーうん(李佳恩

↓元瀋陽SHY48 王秋茹

↓広州GNZ48 チャーイン(徐佳音

↓上海SNH48 しゃおりん(周睿林

また、昨日から即日募集開始された上海SNH48十一期生、北京BEJ48・広州GNZ48七期生と同時に、この海外練習生も募集されている。

過去のSNH48事業展開スピードからすると、2年間というのはものすごい長期計画だ。半分冗談で言わせてもらうと、運営会社そのものが残っているかどうかさえ分からない。

二年もの間、劇場公演や握手会などファンとの接触がほとんどなくなる状態で、そもそも彼女たちは48系ビジネスモデルのアイドルグループで人気を維持できるのだろうか。

もう一つ。16~18歳を海外で過ごすということで、大学受験は完全にあきらめるということなのだろうか。

中国国内にいればアイドル業と大学受験を何とか両立させることもできるだろうが、海外となると現地の言葉ができなければ現地の高校や大学に通うこともできない。

本人とご家族にとっては大きな決断になりそうだ。

いろいろ不明な点があるが、投資家向けにつねに新しい事業展開を見せなければ、投資をつなぎとめられないというのが、もっとも重要な背景かもしれない。

2019/01/20追記:選ばれた広州GNZ48徐佳音によると行き先はやはり韓国。訓練が順調なら2年より早く帰国、帰国後はSNH48グループのメンバーには戻らない(サブユニットになると思われる)。

シェアする