SNH48弟分の男性グループ「D7BOYS」、ネット番組『以团之名』でSNH48ファンのディスりを訴えSNH48ファン激怒

上海SNH48運営会社の子会社が結成した男性アイドルグループ「D7BOYS」が、現地SNH48ファンにディスられまくっている。

SNH48運営会社の子会社が「D7BOYS (DOUBLE SEVEN BOYS)」というK-POPスタイルの男性アイドルグループを結成したのはご承知のとおり。

こちらがDOUBLE SEVEN BOYSの公式サイト

D7BOYSは2017年SNH48グループ第三回リクエストアワーで計画が発表されたこともあり、現地SNH48ファンに結成前からディスられまくっている。「SNH48で稼いだ金をこいつらにつぎ込むつもりか!!」という感じ。

ようやく昨年2018/03/30にデビューしたがいまだにパッとせず、運営は2019/01/17中国動画サイト「優酷」で放送開始されたネットオーディション番組『以団之名』に出演させて顔を売ることにしたようだ。この番組は韓国『Produce101』第2シーズン同様、男性アイドルグループのオーディション番組だ

その第一回が昨日2019/01/17放送され、そのグループ紹介の部分がSNH48ファンの怒りに火をつけた。

↓D7BOYSの初登場部分はこちら。

メインの審査委員は中華圏最大の女性アイドルグループS.H.EのSelinaさん。もう一人の女性審査委員は韓国の女性アイドルグループmiss Aの中国人メンバー、ワン・フェイフェイ(王霏霏)さん。最初にコメントしているホワン・シャオミン(黃曉明)さんは男性俳優でAngelababyの旦那さん。

以下、審査委員とD7BOYSの会話の日本語試訳。

黃曉明:君たちは48の弟分だね。

熱亞提(D7BOYS):はい。

選手A:48って誰?

選手B:彼ら、48の会社だよ。

選手C:D7だよ。

キャプション:SNH48と同じく絲芭文化伝媒所属(!!)

黃曉明:僕は君たちの会社に男性グループがあるなんてほんとに知らなかった。だから君たち実はとてもプレッシャーがあるでしょ。

熱亞提:そうです。

黃曉明:48に男性グループがあることに対して、疑問を持つ人がたくさんいるようだね。

Selina(任家萱):彼らはどんな疑問を持ってるの?たとえば?

厲子敬(D7BOYS):実力がないとか、顔面偏差値が低いとか、会社のリソースを独り占めしてるとか。だいたいそんな感じです。

選手D:ひどい話だ。会社のリソースを独占してるとか。

朱舜(D7BOYS):これだけ長くそういう疑問を持たれていると、僕らはときどき自問するんです。僕らはほんとにそういう存在なんだろうか、ってことを。みなさんから認めてもらうことが必要なんです。

厲子敬:いままで称賛されたことはありません。

趙延龍(D7BOYS):僕らは毎日のように批判されることに慣れすぎてしまってます。

黃曉明:なぜそういう疑いを持たれるのかな?

熱亞提:彼らは僕たちを見たことがないからです。僕たちの名前も知らないし、それで疑いを持つんです。だから今日はここに立って、『以団之名』に来たことは、チャンスだと思っています。僕ら自身を証明したいと思います。

選手E:ポジティブでいいね。

Selina:こういう疑問を背負っているからには、今日はとってもいいチャンスね。ステージの上であなたたちの本当の実力、本当の姿を見せてあげて。じゃあパフォーマンスを見せて下さい。

(ここでデビュー曲『Red Alert』)

選手F:すごくカッコいい!

選手G:彼らのパフォーマンスを見て驚いたよ。素晴らしい。ダンスもそろってるし。

厲子敬:音楽が鳴りやんだとき本当に全力をつくした感じでした。そしてメンバー一人ひとりも自分のベストな状態を出し切りました。

Selina:このパフォーマンスを見て、すごく誠意があると感じたわ。まず何(ホー)先生の意見を聞いてみましょう。

ホー先生:わ~わ~わ~わ~。すごく良かった!

熱亞提:先生ありがとうございます。

Selina:ホー先生がやっと中国語を話したわ。もう一度言ってみて。すごく良かった。

王霏霏(Miss Aメンバー):私はとくにキャプテンを褒めたいと思う。目に焼きついたわ。あなたはどのポジションに立ってても、ちゃんと見える。

選手H:こういうコメント、俺も欲しいなぁ。

選手I:僕らのチームをまだ見てないのに、なんでこのコメントなんだよ。

選手J:彼らの評価、すごく高いね。

選手K:ほんとにすごい。

Selina:じゃあこれから先生たちと審査をするわね。

(ここで芸術研修学院団という芸術科大学の先生方のいるスタジオ)

蒋先生:彼らが受けた訓練はきっとかなり専門的なものだね。

謝先生:見ればわかる。

李先生(中央戯劇学院教授):彼らはみんな内にある感情の起伏が一致してるわ。このグループはそういうレベルまで達してると思う。

蒋先生:このグループはそれを徹底的にやってるね。つまりAll for One(訳注:番組タイトル)。

李先生:彼らは一つになっている感じを作り出せてる。熱亞提というメンバーがいるからだと思うわ。彼はグループの中である種精神的な中心のような存在だから。このグループの中でそういう作用をもたらす存在ね。

(メインのスタジオにもどって)

Selina:では、審査が終わりました。星の数を発表します。班長の腕章をつけているメンバー2人のうち、1人だけ腕章が残ります。その人は、熱亞提。(星5つ)

選手L:彼だと分かってたよ。きっと彼だって。

Selina:あなたのパフォーマンスにはすごく目を引かれたわ。私たち審査員は議論することもなかった。だって全員が、ほとんどの時間あなたに注目してたから。それがあなたの優位な点だと思う。それを持ち続けてほしい。ずっとあなたのそういうパフォーマンスを見せてほしい。

熱亞提:先生ありがとうございます。

Selina:そのほかのメンバーは、全員、星4つです。

選手M:「名は実に伴う」だね。

Selina:あなたたちはとてもすごいチームスピリットを見せてくれたわ。すばらしいパフォーマンスだった。

D7BOYS全員:先生ありがとうございました。

熱亞提:ほんとに夢のようです。一つは肩の荷が下りたこと。もう一つはまだ始まったばかりだということ。だから僕らは最後までもっと努力しないといけません。

D7BOYSを運営しているSNH48運営の子会社、上海火核文化伝媒は明らかにこの番組にSNH48ファンからディスられても全員一丸となって頑張る!という台本を書かせている。

もしかすると順調に勝ち残って何人かのメンバーがこの番組からデビューする可能性もある。

D7BOYSは7人のグループではなく、TEAM Dが7名、TEAM Sが9名で、まだ新規メンバーを募集中で、この番組から数名がデビューしても活動はつづけられる。

SNH48ファンがD7BOYSをディスればディスるほど、この番組でD7BOYSが注目を集めるので、個人的にはそうやって話題性をかせぐのが中国芸能界では、とっても正しいやり方だと思っている。

しかも上の台本で、D7BOYSは「48」グループの弟分だ。これは中国で「48」と言えば、すでにSNH48グループというのが常識になっていることを示している。

SNH48ファンとD7BOYSの「内紛」が激化すればするほど、AKB48 Team SHが中国でこれから存在感を得るのが難しくなる。

現時点までで、AKB48 Team SHのやり方は中国のアイドルグループとしては無難すぎるし、大人しすぎるし、お行儀がよすぎる。

今回のD7BOYSのように自分から炎上を仕掛けるくらいでないとやっていけない。

きっとSNH48運営会社はSNH48ファンが激怒することを分かったうえで、確信犯でやっているわけで、やっぱり頭いいなぁと思う。

シェアする