北京BEJ48サンサン(蘇杉杉)1stソロシングル『杉杉来遅』音源リリース

北京BEJ48 Team Eサンサン(蘇杉杉:上海SNH48六期生から移籍)の1stソロシングル『杉杉来遅』音源がリリースされた。

作詞:張艾、作編曲:7key once、コーラス:李夏允、レコーディング:鄒順利。

MV予告編はこちら。YouTubeのSNH48公式チャンネルより。

タイトルの「杉杉来遅」は「姗姗来遅」という四字熟語(成語)のダジャレで、もとは「のんびり遅れてやって来る」の意味。「姗姗(シャンシャン)」を同じ発音の彼女の名前「杉杉(シャンシャン)」に置き換えている。

作編曲の7Key Onceは北京BEJ48楽曲ではなじみの名前。楽曲スタイルは典型的なJ-POPだが、バックトラックはEDM寄りに味付けがされている。

ところで現地ファンは「BEJ48修音師業績報告」というタイトルで中国5ちゃんねるにスレッドを立てていた。

北京BEJ48メンバーのレコーディング音源はボーカルを修正しすぎてボカロのように聞こえることがけっこうある。

別記事でご紹介した『蜜食記』の中でも、サンサンが歌を口ずさむ場面で特殊効果が入っていたように、彼女はとくに北京BEJ48の中でも音痴を売りにしている(笑)。

なので今回のシングルは音声修正エンジニアが素晴らしい業績を見せた、というネタ(汗)。
今回のサンサン(蘇杉杉)の1stシングルだが、いつもどおり中国三大携帯会社チャイナモバイルの音楽配信サービス「MIGU音楽」で先行リリースされているが、トップページでPRされていた。

未ログイン状態なのでMIGU音楽の全ユーザのトップページにサンサン(蘇杉杉)が登場していることになる。

このクオリティのオリジナル楽曲をコンスタントに外注でリリースできる体制を、早くから整備しているのがSNH48の強み。

シェアする