上海SNH48新年EPタイトル曲『NOW AND FOREVER』MV公開、ギョーザと人工知能

上海SNH48の新年EP『NOW AND FOREVER』MVが2018/12/24に公開されたが、その意味不明ぶりに笑ってしまった。

↓YouTube SNH48公式チャンネルより『NOW AND FOREVER 此刻到永遠』

基本的なコンセプトは今年SNH48グループ第五回総選挙のTOP16曲『ENDLESS STORY 魔女的詩篇』とTOP66曲『Twinkle Twinkle』の引用と、スポンサーの食品メーカー「灣仔碼頭」のプロダクトプレイスメント(中国語では植入広告)。途中に唐突に出て来るギョーザがそれ。

そして人工知能アバター開発ベンチャー企業「ObEN」のプロダクト広告。たぶんこちらも制作費用を出してもらっているはず。「ObEN」とSNH48グループの提携は、少し前に日本でもプレスリリースが出ていた。

『OBEN、上海で開催されたワールドAIカンファレンスで、世界初のセレブパーソナルAI(AI)アバターをデビュー』 (PR TIMES 2018/09/26)

SNH48五期生から広州GNZ48 Team Gに移籍したアイリス(曾艾佳)のアバターが、上海で開催の世界人工知能カンファレンスで発表されたというもの。

今回のMVはこの流れだが、SNH48運営会社がどこまで本気でこれをビジネスにしようとしているのかは不明。あまりうまくマネタイズできそうにないが。

ちょうど同日、AKB48中国再上陸のAKB48 Team SHデビュー曲『LOVE TRIP』中国語版MVも公開されたが、別記事で取り上げる。

↓「灣仔碼頭」の餃子のプロダクトプレイスメント

↓ObEN社のAIアバター

↓2016年第三回総選挙TOP16オリジナル曲『公主披風』の衣装。経費節減?

↓今年の第五回総選挙TOP16オリジナル曲『魔女的詩篇』の衣装

↓2017年第四回総選挙TOP16オリジナル曲『那不勒斯的黎明(ナポリの夜明け)』の衣装

いろいろツッコミどころが多すぎる新年シングルのMVなのでした。

シェアする