退団する上海SNH48八期生すいか(陶波爾)の花道を作れなかった応援会責任者イイ話

上海SNH48について、たまにはイイ話を。

SNH48八期生すいか(陶波爾)が退団宣言をしたが、応援会の責任者(現地用語で「飯頭」)が最後に花を持たせようとSNH48グループ第五回リクエストアワーBEST50で彼女のために投票した。

ところが入選かなわず、責任者として投票資金を出してくれたファンに下図のように謝罪した。

事はすでに起こってしまったかもしれないので、事前に説明をしなければいけない。

今回のBEST50の投票はもう終わったけれど、本応援会は4回の資金集めで得た金額38,093.62人民元(約62万円)で、実際の投票は28,950票、所要金額は37,635人民元、ファンクラブポイントの投票分は加算していない。

今回のBEST50は僕に責任があり、かつセンターポジションを取るために、4人のメンバーの応援会で話し合って票数の割り振りを決めたのもこの応援会で、4メンバー合計10万票を投票した。

しかし現時点で得た情報では、今回のBEST50は票が足らず圏外になった可能性が極めて高い。先日僕に追加投票をするかどうか提案した人がいたけれど、僕が断った。でも、僕は非常に後悔するとともに、自責と慚愧の念を覚えている。

本来今回のBEST50はすいか(陶波爾)のさよならパフォーマンスにする計画だった。多くのファンがすでにコンサートのチケットを買い、交通費や宿泊も手配済みだ。

じっさい僕はそういった多くのファンに合わせる顔がない。それに僕はBEST50に入れると保証してファンから大量の資金を集めたからだ。しかしこうなってしまったからには、僕は一切の非難と批判を受け入れる。

僕個人が7,000人民元(約11万円)を出して、5対1の割合で今回のリクエストアワーの資金集めに参加してくれたファンに返金する。そしてすでに予約した乗車券や宿泊を取り消す場合は、キャンセル料や違約費も提供する。コンサートチケットは全額返却する。

(すいかが圏内に入らないことが確定したという)情報を待ち、2018/12/20以降に僕に直接チャットをくれれば返金の手続きをする。

多くの事柄はじつは解決方法がないことは分かっている。謝ってももうムダだけれど、僕はお詫びを伝えることしかできない。

以上、申し訳ありませんでした!

この通知について、集めた投票資金を持ち逃げする応援会責任者もいるなかで(汗)、なんて誠意のある責任者なんだと現地ファンから高評価を得ている。

そしてこれに対して、すいか(陶波爾)自身が公式アプリ「Pocket48」に以下のように書き込んだ。

わぁ、そんな悲しまないで、だいじょうぶだよ。私はまだ私、これからもきっとビリビリ動画をたくさん更新するから。

うむむむ…レコーディングの通知がなかった。

もう通知は終わってるよね?

BEST50の録音の。

だいじょうぶ。謝る必要はないよ。悔しいかもしれないけど

録音の通知というのは、2019/01/19(土)の第五回リクエストアワー当日のために、圏内に入ったメンバーには選ばれた楽曲のレコーディングをするよう通知が届くという意味。この通知が来なければ落選したことになる。

日本の48系グループも総選挙、リクエストアワー、握手会などなど、ファンとアイドルのつながりで何と言ってもお金は重要だけれど、お金の裏側にはファンが心からアイドルを愛する気持ちがあるという、イイ話。

シェアする