瀋陽SHY48の劇場がなくなるかも、というウワサ

上海SNH48の姉妹グループ瀋陽SHY48が解散するのではないかというウワサを追いかけてみた。信じるか信じないかはあなた次第(汗)

まず瀋陽SHY48一期生でTeam HIIIキャプテンという要職にあるカモン(曲悦萌)が、北京・上海の巡回公演に参加できなかった不満を、公式アプリ「Pocket48」メンバーの部屋に書き込んだ。

この後、彼女は運営会社にメンバーの部屋への書き込みを禁止されたが、中国ツイッター(新浪微博)はまだ使えるようだ。

なおこの巡回公演の後、そのまま瀋陽SHY48は解散するのでは、というウワサが立っていた。画面ショットへのリンクをまとめて貼っておく。

図1図2図3図4図5図6図7図8

さっきミーティングがあって、会社は私たちのクリスマス公演のときダンスの先生の日程が合わないから自分たちで公演全体の練習をしなさいって。録音技師さんもいないかもしれないって。ダンスの先生は2人とも巡回公演に行くらしい。1人は帰ってくるかもしれないけど。

ホントにビックリするよ。2人のダンスの先生がいっしょに巡回公演行ったことなんて今までないし……私たちには瀋陽で待ってるけど、ダンスのにレッスンしてもらう必要がある……会社に提案したら、会社はなんと……何とか頑張って一人は戻ってくるようにするって……

何てこと……何とか頑張ってだって。1チームにダンスの先生1人なのに、それを頑張って取り戻さないといけないって、ホント泣きたくなる。

それから自分が巡回公演の名簿になかった理由を聞いたら、いろいろなデータにもとづいて人選を決めた、総選挙とか、ウェイボーとか、Pocket48とか。

総選挙のデータではみんな知ってるけど悲惨なことに17位だった……

それから会社は上海が選んだって、責任を押し付け始めて……

私は信じられないって言ったの。メンバーも一期生はここで2年間生活して、しかも私はキャプテンなのに、巡回公演にも行けない、ちょっとヒドすぎるよね……それから、会社のとある偉い人は……ストレートに言った。巡回公演に行けるかどうかとキャプテンかどうかは別だって。キャプテンは重要じゃないって。

ほんと呆れた。

私は今まで間違いを犯したことはないし、会社に背いたこともない。HIIIがいちばん大変だったときも私は辞めなかった。前に出てみんなといっしょに最後まで持ちこたえた。私は絶対この巡回公演に行きたいと言ってるわけじゃなくて、ただちゃんとした説明か慰めが欲しかった。なのにキャプテンは重要じゃないって……

泣かなかったし……涙も出なかった……ホントにしらけちゃった、傷ついた感覚もない……麻痺しちゃった……2年間ずっとこういうことを受け入れてきた。私が必要とされたときは進み出た、苦しくても辛くても。

巡回公演は行かない、仕方ないよ……私とシャオアール(馮譯瑩)だけ一期生で、理屈で言えばこのチャンスをもらえるはずだけど、行けなかった、私たちはただ理由を聞きたいだけ、

君は重要じゃない、なんてことを聞きたいわけじゃない。

ホント、すごく悲しい……突然自分が捨てられたような気がした……先週会社が巡回公演に行く人とこっそりミーティングをしたとき自分が捨てられたんじゃないかと思った……ミーティングに出る資格もない……今日のミーティングをまとめると……ホントに愕然とした。会社にこんなことを言う人がいるとは思わなかった……

最後にTeam HIIIの高志嫻が入ってきて、「萌萌(訳注:曲悦萌のこと)のPocket48は禁止されちゃった。ログインできない。でもこの話は実話だよ。がっかりし過ぎで書いてるわけじゃない」と書いている。

では北京、上海巡回公演が終わったら瀋陽SHY48が解散するのは本当なのか?それを否定するかなり説得力のあるコメントが出てきた。下図のコメント欄のいちばん上にある書き込みだ。

正確な情報は(瀋陽SHY48劇場のある)豫瓏城を改築して盛京豫瓏城にするということ。復星集団(訳注:ショッピングモール「豫瓏城」を運営する不動産ディベロッパー)はSHY48劇場の場所を撤収することを決めた。

もうSNH48運営会社に無償で提供しないことにしたんだ。だから瀋陽SHY48は倒産するんじゃなくて劇場がなくなるということ。

豫瓏城は2015年に開業して、開業当初はまったく人気がなかった。(SNH48運営会社社長の)王子傑の人脈で無償で豫瓏城の場所を借りて、復星集団も瀋陽SHY48で豫瓏城のショッピングモールの客の流れが増えればと思ってたんだ。ところがその結果は。。みんなの知っているとおり。

これは突然起こったことだ。もし瀋陽SHY48が倒産するなら日本から照明監督を呼んで劇場を改装するなんてことはしないよね。復星はSNH48運営会社に不意打ちをかけたということ。でも無償で借りられる劇場がなくなったから、瀋陽SHY48が存続するかどうかは考えるに値する。新しい劇場のコストははるかに増えることになるから!

瀋陽の地元のヲタならみんな知ってることだ。豫瓏城のことは新しい情報じゃない。

この書き込みは説得力がある。

このブログの2017/09/03の記事で、「SNH48運営会社は安い家賃で劇場を出す場所を借りることができ、復星集団はSNH48グループのファンでショッピングモールに一定数の人を呼ぶことができるというわけ。ただ、瀋陽SHY48の現状の集客が、復星集団の期待どおりの水準になっているかは、かなり微妙」と書いたが、復星集団に見捨てられてしまった。

最後はちょっとしたネタ。

瀋陽SHY48はすでにメンバーの宿舎の食堂を閉鎖しており、朝食はスタッフが配っているらしい。

↓これ

さて、上の書き込みが本当だとしたら、劇場がなくなったあと瀋陽SHY48はどうなるのだろうか。

せっかく『地球の歩き方』瀋陽にSHY48劇場が掲載されたというのに…。

シェアする