北京BEJ48ルールー(黃恩茹)が歌唱力で『天生音雄』、キクちゃん司会『国風美少年』にはSNH48ランラン(宋昕冉)

上海SNH48グループメンバーのネットバラエティー出演を2本まとめてご紹介。

まず、クラシック声楽を習ったことのある北京BEJ48 Team Jルールー(黃恩茹)が、歌唱力を活かして湖南衛星テレビのネット放送「マンゴーTV 芒果TV」の『京東校園之星 天生音雄』第一回2018/12/01放送分に出演した。

冠スポンサーの「京東」はアリババグループの「タオバオ」「Tmall」に並ぶ中国最大のネットモール。

↓胡彥斌『你要的全拿走』のカバー

ルールー(黃恩茹)は共演の男性たちの音程のオクターブ上を歌っている。生歌ではなく録音と思われるが審査委員の評価は高く、チームとして勝ち残り、個人でも彼女は勝ち残ったようだ。素晴らしい。

次回以降のパフォーマンスも楽しみ。やっぱり黃恩茹はこういうバラエティー番組に出してあげないと、彼女の実力を発揮できない。

次に、SNH48卒業生キクちゃん(鞠婧禕)がメイン審査委員と進行役をつとめている、中国動画サイト最大手「iQiYi 愛奇藝」『国風美少年』、2018/11/30放送分第一回のランラン(宋昕冉)のパフォーマンス。

冠スポンサーは「小紅書」というインフルエンサーが商品をPRする形式のSNS型オンラインモールアプリ。また中国語で「美少年」は男性、女性の両方を指す。

ただこの番組、キクちゃんの審査と司会進行の方が見応えがある(汗)。さすがSNH48の希望の星、キクちゃん!!

↓ランラン(宋昕冉)部分のみのカット

↓2018/11/30放送分全編。ランラン(宋昕冉)は50分45秒あたりから。

どうやらこの番組、次々登場する新人タレントの中国風パフォーマンスを審査し、金・銀・銅のクラスに分けるという流れらしい。

ランラン(宋昕冉)はSNH48運営会社が別会社を作って結成した男性アイドルグループ「D7BOYS」メンバー、林子傑と同じ部分で登場する。2人ともパフォーマンス部分は大幅にカットされている。

以下、キクちゃんがランランを審査している場面の日本語試訳。

キク:入団してどれくらい?
ラン:3年です。
キク:3年ね。いまのダンス、もう少し上手く踊れるはず。ファンはあなたのことが好きだというだけで、あなたがどんな風でも良いと言ってくれる。でもね、あなた自身は自分が良いかどうかを分かってる必要がある。
ラン:(インタビュー部分)私もキクちゃん先生と同じように、中国風の美しさを多くの人にもっと伝えられるようになりたいです。これからもがんばります。

まあその通りです。SNH48メンバー、卒業生の中で、第三者から見ても説得力のあるパフォーマンスができるのはキクちゃんしかいない。

この後「D7BOYS」の林子傑が登場するが、古筝の演奏がランランと同じようにばっさりカットされている。ただ2人とも銀クラスになったのが幸い。

次回放送分では、金・銀・銅にランク分けされた選手がソロではなく2人一組でパフォーマンス。組ごとに審査して改めてランク分けされ、銅クラスになった2人が敗退するらしい。

キクちゃん大活躍なのでSNH48ファンとしては大満足だけれど、最近、中国はこういう『Produce101』のパクリリスペクト番組が多すぎる(汗)。

シェアする