上海SNH48 Team SII全曲オリジナル新公演『PLAN SALVATION』後半8曲のクレジット

上海SNH48 Team SII全曲オリジナル新公演『PLAN SALVATION』の残り8曲の音源がチャイナ・モバイル音楽配信サービス「MIGU 咪咕」で無償公開された。例によって作詞、作編曲者をチェックしておく。

作詞はすべて郭德紫毅。SNH48 Team HII全曲オリジナル公演『HEADING NEWS』が好評で、ストーリーとコンセプトを一手に引き受けた点が評価され、今回は全面的に起用されたと思われる。

各作詞、作編曲者の過去の作品はこのブログのこちらの楽曲データのページから検索できる

また音源はこちらのページに置いてある

M09. 無罪無我
郭德紫毅,Shaliponte,Shaliponte

Shaliponteは過去にもSNH48グループに楽曲提供している馴染みの名前。広州GNZ48 Team Z全曲オリジナル公演『三角関数』が多くて『模範生』『聚変裂』『Zen』の3曲。SNH48 Team HII全曲オリジナル公演『HEADING NEWS』では『夜之真理』。

M10. Somewhere
郭德紫毅,張毅非,胡臻

張毅非さんは上海SNH48 Team X全曲オリジナル公演『夢想的旗幟』の伝説の名曲『人魚』の作曲者。同公演の最終曲『未来寄語』を書いた吳依瑄さんの旦那さんで、台湾Light Color Music Studio所属。

SNH48 Team Xの『夢想的旗幟』公演、『命運的X号』公演の多数の曲がこの夫婦の作曲。

しかも今回のこの曲の編曲はkoshin(胡臻)さん。SNH48グループ最強の作編曲コンビの一組。

M11. 噩夢輪迴
郭德紫毅,AFeng,RYU

じっさいの公演ではスキップされてしまった楽曲。途中で曲調がJazzからEDMに突然変わる奇妙な曲で悪くないのだが。AFeng、RYU、この2人は名前がシンプルすぎて手がかりなし。

M12. Restart
郭德紫毅,Arisa Sato,Arisa Sato

Arisa Satoさんはkoshin(胡臻)さんの音楽制作会社である上海音泰文化所属。やはり今でもkoshinさんがSNH48の音楽制作に参加してくれているのは非常に心強い。koshinさんは北京BEJ48 Team Eの名作オリジナル公演『奇幻加冕禮』のほぼ全ての作編曲を手がけている。

M13. 預言
郭德紫毅,清水裕太,清水裕太

だから清水裕太って誰なんだ!!!いまだに手がかりなし。

M14. 彼岸花
郭德紫毅,KOSUKE+smoked salmon,KOSUKE+smoked salmon

この曲はものすごく良いので何とか日本人っぽい名前のKOSUKE氏の身元を探し当てたいが、ネット検索すると山下康介、荒木康介、森元康介あたりがそれっぽい。

ただ山下康介氏は過去の作品を見るとSNH48がオファーするには大物すぎる。森元康介氏は筆者のいちばん知っている曲は中島美嘉『Over Load』、他に倖田來未『奇跡』などがあるが、作風が違いすぎる。bkozのkosuke氏は沖縄出身なのでおそらく違う。

オファーによってどんなスタイルの曲でも書けそうな荒木康介さんが最有力候補。このSound Cloudの音源集を聴くとそんな感じがする。

いずれにせよSNH48のクレジットでわざわざローマ字のKOSUKEにする必要があるのかが分からない。

瀋陽SHY48 Team SIII全曲オリジナル公演『Idol.S』のソロの名曲『蜉蝣』もそうだが、ものすごく良い曲に限って作曲者が日本人で、身元が分からないので歯がゆい…。

M15. 重生計画
郭德紫毅,清水裕太,清水裕太

だから清水裕太って(以下略)

M16. 座標121E 31N
郭德紫毅,幻想+您麒麟,您麒麟

これは中国のボカロPっぽい名前だが、手がかりなし。

以上、今回の公演でも作編曲者にいくつか新しいアーティストの名前が出てきたが、どこの誰か分からないのでモヤモヤが残る(汗)。

シェアする