SNH48第四回リクエストアワーでチーム曲TOPのSNH48 Team NII『光之軌跡』MVようやく公開

今年初め2018/02/03の上海SNH48グループ第四回リクエストアワーでチーム曲TOPになったSNH48 Team NII『光之軌跡』MVが約10か月を経てようやく昨日2018/11/26公開された。

メンバーが中国ツイッター(新浪微博)にアップしていたメイキング動画で韓国語が聞こえたので、どうやら制作陣は韓国らしい。

ZANYBROSにしては出来が悪いなぁと思ったが、第五回総選挙TOP32曲の香港ロケMV『終無艶』もZANYBROSのようなので単に筆者の趣味が合わないだけかもしれない。

で、この『光之軌跡』(もちろんSNH48のオリジナル曲でAKB48楽曲ではない)のMVはメチャクチャ評判が悪い。

それは去年、第三回リクエストアワーでチーム曲TOPになったTeam SIIオリジナル曲『私的舞台』MVを観ればひと目で分かる。

このSNH48 Team SII『私的舞台』MVは12分にもおよぶしっかりした脚本のあるショートムービーになっており、出演メンバーは23人。このMVはZANYBROSではない。

一方今回のSNH48 Team NII『光之軌跡』MVはきっちり楽曲の長さどおりの4分弱、出演メンバーは14人。

真偽は確かでないが、Team SIIの制作費は32万人民元、Team NIIは40万人民元でMVの品質とコストが逆になっている。

中国5ちゃんねる(百度貼吧)のSNH48関連某掲示板で今回の『光之軌跡』にツッコミが入りまくっていて、いちばん笑えたのは「また廃墟で脱出ゲームか!」というもの。

去年のTeam SIIとの差を見れば、Team NIIファンが激怒するのは当然だろう。『光之軌跡』をリクエストアワーでTOPにするためにどれだけ金をつぎ込んだと思ってるんだ、ということだ。

今年Team NII応援会はリクエストアワーのチーム曲を辞退している。

一方のTeam SIIはAKB48楽曲『初日』という、すでにAKB48の中国再上陸AKB48 Team SHが活動を始めているのに、この思い切った選曲でチーム曲TOPを目指している。2018/11/27で投票資金の集金額は1668,535人民元(約275万円)、北京BEJ48 Team BとTOPと争っている。

AKB48 Team SHが日本で撮影中の『LOVE TRIP』MVはおそらく年内に公開されるが、これでSNH48のMVよりはるかにクオリティが高いとなると現地SNH48のSNH48運営に対する不満がまた爆発しそう。

というより48系ファンにとって、今回AKB48 Team SHのMVを監督した高橋栄樹氏は、AKB48に数々の名作MVを撮っており、現地SNH48ファンの評価もきっと高くなるはずで、SNH48運営が叩かれるのはまず間違いない(汗)。

シェアする