瀋陽SHY48公式が突然「台湾は中国の一部」という人民日報をリツイートした理由

AKB48 Team SHとTeam TPが今後同じステージに立つとこういうことになりますよ、という警告。

昨日の深夜、厳密には今日2018/11/18 01:33に上海SNH48の姉妹グループ瀋陽SHY48が突然、人民日報をリツイートした。

↓こちら

リツイートされている人民日報のツイートは2018/11/17 23:47で「疑う余地はなく、あなたは最高だ #中国は何一つ欠けてはいけない#」、要するに台湾は中国の一部だという定番の内容。

でも昨日の夜、人民日報が突然この定番ツイートをしたのは何故?と思って調べたら、昨日2018/11/17台湾で第55回金馬影展(TAIPEI GOLDEN HORSE FILM FESTIVAL)授賞式が行われた。

そこで最優秀女性俳優賞のプレゼンターとして登場した涂們(トゥーメン)という中国の男性俳優がこうあいさつした。

「こんにちは、みなさんこんばんは。金馬賞のプレゼンターとして再び中国台湾に来ることが出来たのはとても光栄です。今回馴染みの面々に会い、新しい方々にも出会い、新しい友人がたくさんできました。両岸は一つの家族だと感じました」

台北で行われた授賞式で中国の男性俳優が、台湾は中国の一部だと堂々と話したということ。

上のその時の映像を見ると、涂們さんが「中国台湾」と話した後、会場がいったん静まり返り、すぐ拍手が起こっている微妙な空気感がよく分かる。

どうやらこの授賞式で最優秀ドキュメンタリー監督賞を受賞した女性監督の傅榆がハッキリと台湾独立の主張をしたらしい。その発言は以下のとおり。

「この(ドキュメンタリー)映画を多くの人が政治を語っていると思うでしょうが、じつはむしろ青春について、青春は美しいけれど、過ちを犯しやすいということを語っています。とくに誤った期待を簡単に人に抱いてしまうことです。これは人と人だけではなく、国家と国家の間にもあることです。私は私たちの国家が独立した個体として取り扱われるよう希望します」

もちろん日本人的には台湾の人が台湾を独立国家とみなすのは当たり前で、何の違和感もないが、中国人はハッキリと拒否反応を示す。

上の人民日報のツイートもリツイートが2万、コメントは1万以上、「いいね」は8万。

そして瀋陽SHY48公式アカウントがその人民日報をリツートして、逆に中国人にとっては当たり前の「台湾は中国の一部」という考え方を再確認している。

ことあるごとに映画界や芸能界では中国人と「台湾人」の間でこういう対立が起こるのだ。

中国のAKB48 Team SHファンは台湾は中国の一部だと考える。台湾のAKB48ファン、AKB48 Team TPファンはそうではないと考える。そして台湾独立という考え方は中国でバッシングを受ける。

だからAKB48がTeam TPとTeam SHを同時期に活動開始させたのは非常に危険なのだが、たぶんAKSも秋元康も全く理解していない。

2018/11/18追記:この金馬賞授賞式の問題、上記の女性ドキュメンタリー映画監督だけでなく、アン・リー監督の最優秀長編映画賞の受賞スピーチの件もあったようだ。

アン・リー監督がスピーチ中、客席に座っていた主演女優コン・リー(鞏俐)に、舞台に上がっていっしょに喜びを伝えようと呼びかけたがコン・リーはそのまま座り続けた。

アン・リー監督は台湾出身、コン・リーは結婚したときシンガポール国籍を取得したが瀋陽出身。どうやらコン・リーは授賞式で台湾独立のスピーチがあったことに抗議して受賞スピーチを拒否したらしい。

この後、アン・リー監督は記者に「なぜコン・リーは舞台に上がらなかったのか」と質問され、「審査委員と仲良くなったのでおしゃべりしたかったんだ」と絶妙のフォローをした。

中国ツイッター(新浪微博)ではこのうまいフォローをしたアン・リー監督への批判はなく、コン・リーの毅然とした台湾独立反対の態度を称賛する意見が多数。

なおその後、上海SNH48九期生メンバーの一人が人民日報をリツイートして台湾独立反対の態度を表明していた。

また共産主義青年団(共青団)中央委員会もツイートでこの金馬賞授賞式での女性ドキュメンタリー監督の台湾独立発言を批判するツイートをしている。

つい先日、SNH48卒業生キクちゃん(鞠婧禕)、二期生テテちゃん(黃婷婷)も出演している、中国改革開放40周年を祝う共青団制作楽曲『未来已来』MVが公開されたばかりだ。

上海SNH48グループはAKB48と関係がすでに切れているので、中国国内で政治的に難しい問題を抱えることはない。しかしAKB48 Team SHとTeam TPは台湾独立問題を火種として抱え続けなければいけないのだ。

2018/11/18さらに追記:卒業生キクちゃん(鞠婧禕)、第五回総選挙第1位カチューシャ(李藝彤)も共産主義青年団の台湾独立反対ツイートをリツイートしていた。

↓キクちゃん:「(台湾独立は)反駁を受け入れなっていう種類の問題」

↓カチューシャ:「一国二制度、でも最初から最後まで国家に属している。祖国が早く統一することに期待してる!」

シェアする