上海SNH48九期生に3人も少数民族がいたのね、というどうでもいいお話

どうでもいいと言えばどうでもいいことだが、上海SNH48九期生Team Ftメンバーに3人も少数民族がいたというお話。

同チームの楊令儀が2018/10/07 00:12の始めての公式アプリ「Pocket48」動画生放送で話していたらしい。(彼女は2018/06/25に音声だけのラジオ生放送はしたことがある)

まずSNH48九期生 楊令儀自身がトゥチャ族(ウィキペディア)。新垣結衣に似ていると評判で日本デビューしているロン・モンロウ(龍夢柔)もトゥチャ族。

それから同SNH48九期生で運営推しの張茜ミャオ族(ウィキペディア)

それから同SNH48九期生のエース、シャオフアン(王溪源)がイ族(彝族)。たしか退団した重慶CKG48 Team C リオ(李恩銳)もイ族だった気がする。

楊令儀は中国の名門音楽大学、四川音楽学院の学生で、作曲の授業もあるがポップスの点数は75点とあまり良くないらしい。声楽ではメゾソプラノ。

専攻はポップス演奏で「小清新」(アコースティックなポップスのこと)のスタイルなので、SNH48に入団するとは思わなかった。入団して同じ大学のメンバーを「先輩」と呼んだら、「学姐」(学校の先輩のこと)と呼び返されてちょっと気まずかった。(誰のことだろう)

ちなみに中国語には「先輩」(中国語の書き方では「前輩」)という単語は本来存在しないが、日本のドラマやアニメ好きの中国人が日本から輸入した。普通の人は使わない。学校の女性上級生のことは「学姐(同じ学校のお姉さん)」と呼ぶ。

武漢大学にも合格していたが、やっぱり四川音楽学院を選んだらしい。

SNH48に来たのはそのときSNH48が国内の女性グループでいちばん良かったから。ここに来れば自分が少し活躍できると思ったかららしい。SNH48のメンバーは48人だと本当に思っていたようだ。
楊令儀はそんなことを生放送で話していたらしい。

ところでこの少数民族ネタを拾った中国5ちゃんねるのスレッドで初めて知ったが、上海SNH48四期生Team X 桃子(李釗)はペー族(白族)とのこと。

以上、どうでもいいお話でした。

シェアする