広州GNZ48予備生18名、今後の正規メンバーへの昇格ルール

2018/10/05重大発表のとき、広州GNZ48六期生お披露目と同時に予備生の昇格ルールも発表されたが、筆者は聞き取れず、中国5ちゃんねるに文字起こしがあったのでご紹介。

広州GNZ48運営会社は、四期生、五期生、今回の六期生と次々にお披露目し、予備生だけの公演『偶像研究計画』も一周年を迎え、予備生は18人もいるため、今後の昇格ルールを決めておく必要が出てきたんだろう。

一年を2つのマッチシーズンに分けて、各マッチシーズンをマッチの5か月と休みの1か月とする。

各マッチシーズンの最後に点数を発表し、点数が合格ラインより低いメンバーは、仕事をすべて停止し待機とする。

総点数は3つの要素で決める。ファンの応援、専門技術、アイドル意識。

ファンの応援:劇場公演投票の票数、握手会データ、中国ツイッター(新浪微博)データなどで総合的に判定。

専門技術:ボーカル、ダンス、特殊な才能などを総合的に判定。

アイドル意識:学習態度、日常の業務態度、プレッシャーへの抵抗力、先輩の匿名投票などで総合的に判定。

じっさいにどう機能するかは別として、事前にルールを明確にする広州GNZ48運営会社の公正さは評価できる。

シェアする