国慶節に重大発表:広州GNZ48六期生4名お披露目、予備生昇格、瀋陽SHY48四期生12名お披露目、強制退団メンバー復活

今日2018/10/05(金)国慶節連休中の昼公演で、広州GNZ48と瀋陽SHY48で「重大発表」があった。

広州GNZ48は姉妹グループの中で最速の六期生お披露目とメンバー昇格の発表。瀋陽SHY48は予備生の発表。

広州GNZ48六期生お披露目、予備生昇格

↓GNZ48六期生4名のお披露目。予備生として公演に出演する。

『真夏のSounds good!』『チャイムはLOVE SONG』を歌い、その後に自己紹介。順に以下の4名。

鄧熳慧(ドン・マンフェイ)

鄢羽蝶(イェン・ユーディエ)

2018/10/06追記:この鄢羽蝶は瀋陽SHY48にいったん入団したがデビュー前に退団、今回広州GNZ48六期生としてデビューしたというウワサ。GNZ48運営会社は彼女を重慶CKG48(運営会社社長はGNZ48と同じ)に行かせたかったが、本人が頑として聞かなかったようだ。

葉舒淇(イェ・シューチー)

張潤(チャン・ルン)

そして広州GNZ48の降格、昇格。広州GNZ48予備生だけの劇場公演『偶像研究計画』が一周年を迎え、その総決算的な位置づけ。広州GNZ48予備生から正規メンバーへの昇格はこれで3組目になる。

予備性から正規メンバーへの昇格は4名。三期生・符冰冰(Team G)、三期生・羅可嘉(Team G)、三期生・林芝(Team G)、四期生・徐佳音(Team G)と、全員がTeam Gの正規メンバーに昇格。(下図)

三期生で昇格できずに残っているのは、ユーガン(程子鈺)、スーピン(鄧慧恩)、シャオヤオ(汪慕遠)。
徐佳音は四期生で最初に正規メンバーに昇格したことになるが、とっても妥当。残りの四期生はドウドウ(李晨熙)、ミント(舒湘)、ツァンツ(王夢媛)、チャーチャー(肖文静)、インツ(張紫穎)。

また、学業に専念するということで半ば退団状態になってから復帰したチョンチョン(王炯義)だが、予定どおり国慶節連休明けに予備生から元のTeam Z正規メンバーにもどり、『三角関数』公演に出演することになった。

瀋陽SHY48予備生12名お披露目

瀋陽SHY48は『偶像新生記』というファン投票企画で16名の予備生候補から選ばれた12名の予備生をお披露目した。

こちらはメンバーの公式写真がすでに瀋陽SHY48公式サイトにアップされているので、このブログのいちばんうえ「メンバー画像集」からSHY48四期生を選択すれば御覧いただける。

12名もいれば広州GNZ48の予備生だけの『偶像研究計画』公演のようなものができそうな感じだが、今後どうなるのかは分からない。

12名でさっそく『航海之路』をパフォーマンス。

『航海之路』は北京BEJ48 Team Eの全曲オリジナル公演『奇幻加冕礼』の曲。

ファン投票企画でNo.16で、すでに名前がバレていたリッキー(王睿琦)は投票結果どおり予備生として復帰することになった。

彼女は今年2018/01にファンからプレゼントをもらったことをチームメイト4人からファンと私的に連絡をとった規則違反だと根拠もなく暴露され、退団に追い詰められた。そのチームメイト4人のうち2人は退団、2人は今もTeam HIIIに在籍中。(次の3つのスレ参照。スレ1スレ2スレ3

今回のお披露目の自己紹介では謝罪した上でどんな批判も受け入れると話していた。

以上、広州GNZ48、瀋陽SHY48の新メンバーお披露目がメインの「重大発表」でした。

シェアする