SNH48メンバーが共産主義青年団「私と私の故郷」イベントで連続ツイート

今日SNH48メンバーが突然、続々と共産主義青年団の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントにアットマークしつつ「我和我的家鄉(私と私の故郷)」というタグで大量にツイートしている。

これは2018/09/23から中国の有名タレントも多数参加している「中国農民豊収節」という中国ツイッター上のイベントで、農耕文明に敬意を表し、農村の豊作を祈ることで、貧しい農村を経済的に支援しよう、的なものらしい。

要するに都市と農村の経済格差のガス抜き、兼、タレントが共産党に対する免罪符を得るためのイベント、兼、共産主義青年団が中国ツイッターのエンタメ圏でたまに存在感を発揮するためのイベントと思われる。

訳の分かっていない日本人がこういうのを見ると、また「SNH48が愛国アイドル化しているガァァァァァァッ!」となるが、共産党向けの単なるエクスキューズである。

たとえば政府がエンタメ業界の締め付けにかかったときにも活動を続けやすくなるとか、純粋にビジネスを続けるためのエクスキューズだ。

SNH48グループの第一声は2018/09/23の下図のように第五回総選挙で第1位となった李藝彤

彼女は陜西省出身なので、地元特産の小米、スマートフォンじゃなくて脱穀したアワのことらしいが、それを宣伝している。

筆者の中国ツイッターのタイムラインの下図のあたりは上海SNH48 Team SIIメンバーが連続している。ツイートが連続しているのは、メンバー自身ではなくSNH48運営会社のスタッフが定時ツイートしている証拠。

どうやら姉妹グループはツイートしていないようだ。

おそらくAKB48 CHINAとAKB48 Team SHは完全スルーすると思われる。中国版『Produce101』からデビューしたロケットガールズ(火箭少女)がどうするのかは不明。

シェアする