瀋陽SHY48 Team SIII初の全曲オリジナル公演『Idol.S』予告映像とセットリスト公開

瀋陽SHY48 Team SIIIとして初の全曲オリジナル公演『Idol.S』初日を2018/09/22(土)に控え、7分以上におよぶ予告映像と、公式サイトの特設ページが公開された。

瀋陽SHY48公式サイト 全曲オリジナル公演『Idol.S』特設ページはこちら

公園の見どころとして「本公演は国内の優秀な音楽クリエーターを編曲に招いて」とあるが、前回告知ではたしか「国内外」となっていた。やはり国外の編曲者は呼べなかったか?

7分以上の予告映像はこちら。

瀋陽SHY48運営がよくやる頑張りすぎて空回りパターンで、3分30秒あたりからの公演楽曲伴奏をヘタクソなループでつないだ2分間は完全に不用。観ている方がダレるだけ。せっかくいい場所でロケをしているのに台無し。

さて、この公演は広州GNZ48 Team Z全曲オリジナル公演『三角関数』にヒントを得て、セットリストが2種類ある。といっても曲数は16曲で順序が変わるだけ。

曲順1と曲順2の変化は以下のとおり。

M01. 星夢劇院 ⇒ M11.
M02. 第一次展望 ⇒ M15.
M11. 青春狂想 ⇒ M13.
M12. 好戲開場 ⇒ M14.
M13. 量身訂造 ⇒ M12.
M14. 使命召喚 ⇒ M01.
M15. Dream Bridge ⇒ M02.

違いが微妙すぎてよく何が違うのかよく分からない。

最後のM16.は直前までTeam SIIIが上演していたベスト曲公演『少女進化論』ですでに上演されていた『雪的約定(雪の約束)』。公演でいちばん重要な曲の一つである最終曲がすでに何度も公演で歌われているのはどうかと。

↓こちらが『雪的約定』。AKB48でいうと『桜の栞』風の合唱曲。

個人的には期待を裏切る神公演であって欲しい。現地ファンの期待はいまや広州GNZ48 Team G『双面偶像』が基準になってしまっているので、難しいとは思うけれど。

以下、予告映像から画面ショット。

↓ルールー(韓家樂

シェアする