毎年お決まりのSNH48グループ9月18日満州事変「愛国ポーズ」ツイート、AKB48 Team SHは沈黙

今日2018/09/18は満州事変、中国的には九一八事変で日本による中国侵略が始まった日。例年どおりSNH48は中国芸能界で生きて行くための「愛国ポーズ」を忘れていない。

SNH48と各姉妹グループの中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントは今年2パターンで対応していた。

↓SNH48は『人民日報』のリツイート

↓もう一つは中国中央テレビのリツイート。こちらのほうが生々しい。

当然、北京BEJ48、広州GNZ48、瀋陽SHY48も同様にリツイートしている他、運営がランダムに選んでいると思われるメンバー数名も同様のリツイートをしている。

ところでAKB48 CHINA、AKB48 Team SHは19:00時点で動きなし。もしかすると今日はツイート自粛だけで九一八事変をスルーするかもしれない。

ところでAKB48 CHINAはHKT48メンバーを中国語訳して転載し、九一八事変を無視。AKB48 Team SHはツイート自粛となった。どちらも九一八に積極的な対応をしなかったことで後々影響が出てくるかもしれない。

じゃあ中国版『Produce101(創造101)』からデビューしたロケットガールズのメンバーはどうなの?と思って調べたら、宇宙少女のソニ(吳宣儀)がちゃんとリツイートしていた。SNH48と同じく『人民日報』のリツイート。

ミギ(孟美岐)、楊超越、賴美雲Sunneeはツイート自粛、他のメンバーは調べていないが、ロケットガールズとしてはソニが「代表」で適切に反応したと言える。

元EXOのレイ(張藝興)はそもそもアイコンが中国国旗デザインの中国地図で、政府関連のオールスター楽曲の常連メンバーにもなっており、すでに政府の広告塔としての役割を確立している。わざわざ九一八に反応する必要がないと言える。

ルハン、クリス・ウー、關曉彤、周冬雨あたりはツイート自粛。

当たり前だがSNH48グループについて、この「愛国ポーズ」ツイート以外は完全に定常運転だ。しかしやるのとやらないのとではいざというときの保険の効き方が大きく変わってくる。

AKB48 CHINA、AKB48 Team SHも来年の今日には「愛国ポーズ」ツイートをせざるを得なくなっているだろう。

シェアする