重慶CKG48地元シネコンのスクリーンNo.1が「CKG48」と命名されたイベント

重慶CKG48がシネコン「CGV影城重慶U城店」で「CKG48冠名庁揭幕」というイベントを2018/08/19に行うというので、一体何なんだろうと思っていたら、シネコンの一つのスクリーンにCKG48の名前がつくという意外にインパクトのデカいPR活動だった。

このシネコン自体は2017/09/15開業したばかりでまだ一年も経たない新しい施設。「CGV」は韓国CJグループが運営しているシネマコンプレックスで、全世界に420館、3,000以上のスクリーンを持つとのこと。CJグループといえば傘下のCJ E&Mのさらに子会社に、『Produce101』を放送しているMnetがある。中国国内だけでも60館近いシネコンを持っているようだ。

「重慶U城」は香港市場に上場している中国の不動産ディベロッパーの運営するショッピングモール。

重慶CKG48は最近広州GNZ48の周社長が兼任で社長になったが、このイベントにしても瀋陽SHY48より取ってくる営業のお仕事のセンスが良いと思うのは筆者だけだろうか。

瀋陽SHY48も重慶CKG48も不動産ディベロッパーの文化地産プロジェクトがらみの姉妹グループで、決して運営に資金がないわけではない。路上ライブで地道に頑張るのもいいが、映画館のスクリーンに固定でグループ名を付けて広告費を払ってもきっちり露出を稼ぐ方が頭がいいのは間違いない。

↓こんな感じの商業施設らしい。

ここからはイベントの様子。重慶CKG48チームC、チームKメンバーの一部が参加している。

↓最前列左からチームCバイバイ(柏欣妤)、ルァンルァン(冉蔚)、サツコ(李姗姗)と妥当な3人。

↓たぶん大きな吹抜けの1階でのイベントと思われる。

↓2階を見ると、言うほど人は集まっていない。

↓左から、李瑜璇王夢竹伍寒琪曾佳林舒晴柏欣妤冉蔚、李姍姍、王露皎吳晶晶韓林芹、毛澤晗、譙玉珍雷宇霄田禎臻

↓スクリーンの前でご挨拶。マイクを持っているのはルァンルァン(冉蔚)。やはり重慶CKG48全体のエース!

↓このスクリーンにCKG48の名前が付けられたようだ。

↓そこそこ大きなスクリーン。

↓映画館内の壁にはバッチリ重慶CKG48チームC、チームKのポスター。

何だかここが重慶CKG48劇場です、っぽい雰囲気になっている(汗)。

↓館内の大型液晶にイベントの掲示。

↓なんとCKG48の名前がついたのは、スクリーンNo.1!!

↓この角度からだと意外にこじんまりしたシネコン。

↓背もたれのウラにしっかりCKG48の宣伝。

↓表側にも赤い背もたれのカバーの右上にCKG48のロゴ。

↓マイクを持っているのはルァンルァン(冉蔚

↓やっぱり2階まで野次馬がいっぱい、というわけにはいかないらしい。

↓左からチームCバイバイ(柏欣妤)、ルァンルァン(冉蔚)、サツコ(李姗姗)。

マイクに「CQTV」とあるので、どうやら地元テレビ局の重慶テレビが取材に来ていたらしい。

↓サツコ(李姗姗)のヒザの絆創膏が気になる(←どうでもいい)

これで重慶CKG48の地元の知名度がちょっとでも高まって、劇場の集客のプラスになればと。

シェアする