AKB48 Team SH一期生レッスン開始1週間の感想文

AKB48中国再上陸で結成されたAKB48 Team SHは一期生正式メンバー23名発表の後、2018/08/08からグループレッスンを始めているようだ。

運営の公式アカウントが2018/08/13に中国ツイッター(新浪微博)でその様子を短く伝えるツイートをしたところ、メンバー自身に交代でレポートを書いて欲しいとコメントがついた。そのためか2018/08/14にメンバーが手書きで書いている週間感想文を整理して画像ツイートした。2018/08/08~08/14の一週間の感想文だ。

メンバー名がないのでどの感想が誰なのか分からないが、以下その感想文を日本語試訳する。元のツイートはこちら

個人的な読後感をひとことで言うと、今のSNH48に入団してくる新人も、中国の他の48系グループの新人も、入団当初のレッスンで感じることは全員同じで、そこに大人の事情は関係ないということ。

みんないっしょに努力して、いっしょに汗と涙を流すのはほんとに良くて特別な感じ。AKB48 Team SHいくぞ!
(訳注:「留下汗水」は「流下汗水」が正しい。運営さん校正はしっかり(汗))
私ほんとにメンバーたちといっしょに泣いたり笑ったりしたい。メンバーのみんな、それから先生方といっしょに進んでいきたい。みんな心の扉を開いてお互いを受け入れられればと願ってる。私たち心からお互いのことを好きになりたい。みんなが暖かく、優しい気持ちだと信じてる。
私ってほんとダメ T T、一日目の朝練で走ってたら目の前が真っ暗になったけど、負けずにがんばって走り続けた。シェイピングレッスンで前屈のとき痛くて泣いたし、その後の開脚も我慢できなくて泣いたけど、やっぱり恥ずかしいと思ったよ・・・でも良かったのは、翌日自分がだんだん慣れてきた感じがしたこと。シェイピングレッスンもがんばって続けて泣かなくなった。
かわいい女の子とたくさん知り合いになれてうれしいよ。これからもみんなと仲良くできればと思う!
地下室に閉じ込めてられてた小さな夢が、今はゆっくり成果を花開かせる場所ができた。8月8日にみんな集合してから今まで4日間のレッスンがあった。毎日ベストをつくして真面目にレッスンしてる。一日目のシェイピングレッスンはお母さんがいつも家で流してた曲が流れたから、ホームシックで泣いてしまった。すごく見苦しかったと思う。レッスンの道はまだまだ長いけれど、ずっと学んでいきたい。毎日、前日の自分よりも良くなる!私は、こういう事がほんとうに大好き。
気持ちの上でちょっと不安やあせりがあって、ちょっとホームシックだけど、できるだけ早く克服したい。自分で選んだ道だから、決して自分自身をがっかりさせたくない。来週はもっと効率的に時間を使いたい。気持ちの上の障害を克服して、もっと勇気を出したい。今日外は雨が降ってて、天気もどんよりしてる。天気予報を見たら一週間つづくって。でも関係ない、いつかは晴れる。
本でこういう言葉を読んだことがある。「生活の中で私たちはいつも向上する必要があるが、前に進むのが困難なとき、どうすれば今までどおり積極的な気持ちを持ち続けられるのか、誰も教えてくれたことはない」。ふり返ってみて、「夢」を追い求めるあの道に踏み出した私に、今の私は感謝してる。このほんの短い道のりでも困難に負けず成長させてくれて、初心の私を忘れずにいさせてくれて感謝してる。つらくても負けは認めない。
面白いことをたくさん学んで、夢が現実になった感じがする。この一週間自分でレッスンをやってみて、足りないところがたくさんあると気づいた。フィジカルトレーニングのとき、サボってしまった。叱られて当然!とにかく、私はまだ足りないところがたくさんある。しっかりありのままの自分を出して、個性を表現できるようになりたい。みんなともっと打ち解けあって仲良くなりたい。未来に起こるすべてにとっても期待してる。AKB48 Team SHというこの大家族といっしょにがんばりたい!
曲目選抜前日のリハで印象深かったのは、私は緊張しやすい人で、小さい頃からほとんどしゃべらないし、パフォーマンスもしたことがないし、うまく話せない。でもあの日舞台に上がったとき、メンバーのみんなは積極的にリアクションして、私に拍手してくれた。コメントのときも私を励ます言葉をたくさんかけてくれた。こういうリアクションは私がほんとうに良いからではなく、私が緊張と自信のなさ克服するように励ましてくれてると思った。メンバーのみんなにほんとに感謝してる!これからももっと良くなるように頑張る~
(訳注:「节目选拨」が具体的に何を指すのか不明)
こんなに忙しくて、充実して、つらいけれど、あこがれと喜びのある日々は、はじめて経験した。未来がどうなるのか楽しみ。これからのことを想像して、自分がどういう人に変わるのか、AKB48 Team SHがどんなグループになるのかすごく楽しみ。スタッフ、先生方、メンバーが夢のために努力奮闘するこういう環境で、すごく楽しいし感謝の気持ちでいっぱい。こういう素晴らしい場所で、私も努力して、自分自身やみんなが誇りに思えるような存在になりたい。
メンバーのみんなと知り合えたことがうれしい。ここのレッスンでこの数日間たくさんのことを学んで、たくさんの友だちが出来た。それから声楽とダンス、パフォーマンスの一連の知識も学んだ。ここはつらいけれど楽しんでる。みんなといっしょにがんばって進歩していきたいとすごく思う。いっしょにがんばっていこう!(スタッフ記:このメンバーは日記に麻辣香鍋油のシミがあったので、罰としてスクワット50回。今後は気をつけるように)
びっくりしたのは私たちがすぐに仲良くなったこと!しかもいっしょにいるときは本当におたがいを家族みたいに思って、疲れたときははげまし合って、悲しいときはいっしょに涙をぬぐう。いっしょに笑えて、いっしょに泣いて、雨風をともにできる素敵な気持ちって、この世界にこれ以上ないと思う。私はほんとに孤独だから、今を大切にしたいと思うよ。
一日目のレッスンが始まった。恐怖の朝練。人生で初めてあごを伝って地面に落ちるくらい汗をかいた。すごく怖かった。でも訓練のとき心の中でずっと『RIVER』を歌ってたから良かった。体力が持ちこたえられなくても、気持ちはきっと大丈夫。私のこの気持ちさえあれば、体は何の問題もないと信じてる。
8月8日から数えて、AKB48 Team SH一期生という存在になってからもう35日。104時間、6240分、374400秒。一分一秒が私にとって全く新しいチャレンジ。うれしいときもつらいときもある。仕事はないけれど、私は生まれつき向いてる。仕事はあきらめられるけれど、成長はあきらめてはいけない。私はどんな人間になりたいのか。しっかり覚えておいて下さい。いつでもどこでも、あの方向にむかって努力するんだって。
(訳注:104時間はこの1週間のレッスン時間のことか?)
オーディションから今までを振り返ると、三回泣いた気がする。一回は三次選考が始まる前、みんなといっしょにAKB48のドキュメンタリーを観たとき。舞台の上で輝いて、みんなに楽しみを与える先輩たちの姿を見て、私は突然はっきりわかった。そうだ、あれが私の夢だ、私はあんな存在になりたい。もう一回は最終選考の結果発表で、自分の名前が呼ばれたとき。もう一回は、シェイピングレッスン。先生が筋を伸ばすのを手伝ってくれて、痛すぎて泣いた。ほんとに痛かった T T。そんなときでも私は悲しいと思わない。痛みが終われは大丈夫。アイドルになるのは、そんな簡単なことじゃない。がんばる!努力は必ず報われる!
今週はみんなといっしょに過ごす最初の週。体があちこち痛いけど、気持ちはとてもうれしい。とくにパフォーマンスのレッスンが好き。すごくおもしろいと思う。たくさんのことを学んだし、みんなと仲良くできる感じがとても好き。ほんとに居心地がいい。ほんとにメンバーのみんなが大好き。ずっといっしょにいたい。
腕の痛さをガマンしてこの文章を書いているとき、この数日間で経験したことを痛いのひとことでしか本当に形容できないとしたら、自分が毎日ストレッチでわんわん泣きながら受けた「苦しみ」に申し訳ないと思う。だから私はこの三日間の悲惨な経験をこう呼ぶことにする。十八歳アイドルの地獄・・・
(訳注:「经理」は「经历」が正しい。最後の「C」のような文字が何なのか分からない)
両親とほとんど離れたことがないけど、今回はそんなにホームシックじゃない感じ。メンバーのみんながいっしょで良かった。私はあまり熱しやすくない人だけど、みんなと仲良くなれてラッキーだった。まだ仲良くしにくいんじゃないかって心配してるけど、考え過ぎみたい・・・
私はメンバー全員の中でいちばんダンスがダメなので、必ず彼女たち(他のメンバー)より何倍も努力しないと。ダンスをするプロセスを楽しみたいと思う。パフォーマンスレッスンの先生が言っていたのは、自分が浸りきって初めて、観客もそのパフォーマンスに陶酔できるってこと。来週のパフォーマンスと進歩が楽しみ。自分自身に、がんばれ!
昼ごはんおいしかった。やっぱり苦労したあとのお米はいつもよりおいしい!晩ごはんおいしかった。お米一粒一粒がキラキラしてた!はい、下らないことはここまで。たった数日間だけど、もうプレッシャーが大きくなった。でもプレッシャーがある感じはとても好き。だってプレッシャーがあれば、もっとやる気になるし、もっと前へ進む力になる!「背水の陣」、きっとそれが今の私にぴったりの言葉だね。
先生が私に言ったことを忘れない。「一か月後の自分がどう変化しているか見てみて」。自分がもっと柔軟で実力があるようになりたい。自分の潜在力をもっと掘り起こしたい!それから、ダンスってすごく気持ちいいよ~汗をかくのが気持ちよすぎる~私!や!せ!る!がんばる!来週は今週よりもっと良くなる!
あの日、みんないっしょに「私たちはAKB48 Team SHです」と叫んだあの瞬間、グループというものの存在を感じ取れた。まるですてきな夢みたい!それまで会ったこともないし、話もしたことがないのに、あんなに息がぴったり合うなんて、ほんと不思議!

ここからはスタッフの感想文。

メンバーどうし息がピッタリなことに驚いた!良い子にして努力してる!みんなが積極的に教室でレッスンを受けている様子は忘れない。これからもその調子でがんばってほしい!これからも努力して!痛いのは体の柔軟性がまだ足りないからで、泣いても仕方ない。しっかりレッスンすれば良くなる。それから、食べすぎないこと、それが特に大事!
待ちに待った一期性がようやく集結した。ときどき彼女たちのボケッとした様子を見ていると、どうやって選んだの?と思った。でもその後の彼女たちは純真に努力してレッスンして、舞台に立つことに緊張して、進歩したいと心から思っている。夢が花開いて実を結ぶように願ってる。今年の8月からみんないっしょにこの新しい始まりと挑戦に立ち向かってる。
夢を抱いた少女が自分の旅路を歩み始めた。彼女たちが夢に向かって前進していくのが楽しみだ。
開脚ひとすじ29年、何でも相手にしてあげるよ~
みんなの若くて可愛らしい顔を見て、みんなが毎日頑張ってレッスンしている様子を見て、何とも言えずうれしくて感動するよ!みんなが入団してきてから、スタッフのお兄さんお姉さんたちはいつも後ろからみんなを見ていて、思わず口元に母親のような微笑みが浮かんできてしまう!それから!肌があれているメンバーはしっかりパックをするんだよ~~補水が大事!
いちばん最初のすべての感動、奮闘と歯を食いしばって頑張ったことを忘れないで下さい。将来みんながもう頑張れないと思ったとき、それが力になるでしょう。「私はなぜここへ来たの?」「私はどんな人になりたいの?」その答えをいちばん分かっているのは、きっとみなさんです!AKB48 Team SHの子たち、がんばれ!
レッスンしていれば全身の痛みも忘れる。スタイルの管理をすればお母さんが作ってくれる美味しい料理も忘れる。仲間がいっしょにいれば家に帰りたい気持ちも忘れる。ずっと努力を続ければ自分の未来は夢じゃない。
最初のレッスンのとき私が言ったのは、23人、みなさんがいっしょに集まって、女性グループとして、いちばん重要なことはみんなが一斉に咲き誇ることで、まずみんなが必ずそろっていることです。自分の個性を探すのはそれから。23人、レベルはまちまちだったけれど、たった数日間のレッスンで、基礎ができていなかった誰々さんたちも本当に進歩した。でもがっかりしたのはもともと一定の基礎がある子たち。逆にあまり努力せず、元のレベルのままだった。でも先生にとっては、進歩せずもとのままなのは、退歩です!23人が初心と、オーディションに合格した時のあのドキドキを保ったまま毎日のチャレンジに立ち向かってほしい。道のりは苦しく長いけれど、みんなが舞台に立って拍手を得られたとき、すべてに価値があったと分かるはずだから!
一期生全員、推し増し!

以上。

シェアする