上海SNH48運営、成都CGT48結成に向け具体的な動きを開始?

上海SNH48運営会社が成都CGT48の設立に向けて具体的に動き始めたかもしれない。

おさらいすると約一年前、2017/09/26に下図のような報道があった。SNH48運営会社が四川省成都市が推進する少城国際文創硅谷(少城国際文化創造シリコンバレー)プロジェクトと、成都市青羊区文化創造プロジェクトと共同で成都CGT48を結成するというニュースだ。

ポイントは青羊区にある少城国際という商業施設、住所は成都市青羊区の長順下街という道路に面している。

2018/08/09、現地ファンがこの商業施設の一階、二階で改装工事が行われている写真を中国5ちゃんねるに貼った。

2枚めの写真を拡大すると確かに「長順下街139号」という住所、「天越大廈」というビル名があり、このビルの中にある商業施設が少城国際らしいので、上のニュースと一致する。

このビルを中国の検索エンジン「百度(バイドゥ)」のストリートビューで見ると下図のとおり。上の1枚目の写真と右下の部分の外観が一致している。

そして中国の求人サイトでSNH48運営会社「上海絲芭文化伝媒」を検索すると成都市で劇場経理(劇場支配人)の募集を始めている。

月給6,000~8,000人民元とあり、年収にすると7.2万~9.6万元(約120万~160万円)。募集期間が2018/08/02~10/02なので、CGT48が本当に設立されるとして、早くて来年初めくらいだろうか。

下図では月給と年給があり統一されていないが、他の求人、例えば北京BEJ48運営会社副社長の年収33~39万元と比べると、劇場支配人の給料がかなり安いことが分かる。管理職や管理部門というより現場の人間なのだろう。

以上、これがもし本当に成都CGT48劇場なら、地の利は重慶CKG48の劇場よりかなり良いようなので、早めに軌道に乗ってくれるだろうか。

シェアする