2018ChinaJoyまとめ:上海SNH48は「今日頭条」、北京BEJ48はクアルコム、広州GNZ48は「バイドゥ」

上海SNH48グループの中国最大のゲームショーChinaJoy関連のお仕事をまとめておく。

まず上海SNH48は、一期生moom(莫寒)、マオマオ(李宇琪)、二期生スリー(孫芮)、ルオルオ(徐子軒)、チュンチュン(袁雨楨)、七期生トマト(呂一)が西瓜視頻(スイカ動画)と微頭條という企業のブースに出演。

どちらも「今日頭条」という中国最大のニュースキュレーションアプリ企業の傘下にある。「今日頭条」は日本のグノシーやスマートニュースをはるかに大規模にしたような企業で、自撮りアプリ「Faceu」も買収している。

次に北京BEJ48は先日からここでもご初回しているクアルコム中国のSnapDragon845ブースに出演。こちらもスマホのSoCで世界シェアの大半を占める大企業なので、かなりおいしいお仕事。

↓メンバーがマジでスマホゲームに集中。

↓北京BEJ48チームJ ルールー(黃恩茹

↓後ろにある「骁龙」というのがSnapDragonの中国名。

↓北京BEJ48チームB DDD(段藝璇

↓北京BEJ48チームE サンサン(蘇杉杉

↓北京BEJ48チームE まゆりん(馬玉靈

↓何の曲だろう?

↓北京BEJ48チームB パオツ(胡曉慧

↓出演したのは以上の5人。

最後に広州GNZ48。中国三大ネット企業の一つ「百度 バイドゥ」のショートムービーアプリ「Nani小視頻」のイメージキャラクターとして、2018/08/05(日)12:00、16:00の2回、ChinaJoyの同社ブースに出演。

以上、2018年ChinaJoyは、上海SNH48が「今日頭条」、北京BEJ48がクアルコム、広州GNZ48が「百度 バイドゥ」と、超豪華な企業ブースでのお仕事でした。

シェアする