上海SNH48三期生ナナコ(張昕)中国大手スマホメーカーPRの仕事を自力で獲得

上海SNH48のChinaJoy関連のお仕事で一つ他とは違うのがあった。上海SNH48三期生ナナコ(張昕)が自力で取ってきた中国最大のスマホメーカーvivoの新製品「NEX」のプロモーション。

今年の第五回総選挙でも圏外だったナナコ(張昕)は総選挙圏外がすでに現地ファンの間でネタ扱いだが、それでも自力で仕事を取るタフさは尊敬に値する。

vivoを知っている日本人はほとんどいないと思うが、世界のスマホ出荷台数ベンダー別ランキングでは、サムスン、Apple、HuaweiについでXiaomi、Oppo、Vivoの3社の順位が入れ替わっている。最近はXiaomi人気が復活してきている。

それくらい世界的なスマホメーカーの仕事を自力で取ってきたということだ。

↓こちらがナナコのツイート。

vivo展示ブースでNEXを使ったスマホゲーム『王者栄耀』100人対戦に参加し、レポを中国動画サイト「ビリビリ動画」にアップしますと書いている。

彼女がこの仕事をもらうきっかけになったのは、仕事の舞台裏やプライベートをビデオログ(vlog)にまとめて「ビリビリ動画」に定期的にアップしており、毎回コンスタントに数万回の再生回数を得ていることかららしい。

それらのvlogはこちらの彼女のYouTubeチャンネルにもアップされている

今年日本進出したvivoのライバルメーカーOppoも、フォロワー数の多い日本人TwitterユーザやInstagramユーザ、つまりインフルエンサーに製品の宣伝をしてもらうというバズマーケティングの手法をとっていたが、今回ナナコが自分のvlogでvivoのPRをするのも同じコンセプトだ。

もちろんOppoは日本進出自体が中国本部経営層の判断ミスで大失敗しているが、vivoが中国国内で知名度のあるSNH48のメンバー、ナナコにインフルエンサーとして新製品をPRしてもらうのは悪くない判断だと思う。

↓同じ三期生のMiyo(楊惠婷)も参加したようだ。

ということで、ナナコ、頑張ってます。

シェアする