SNH48関連会社が売出し中の男性グループ「D7BOYS」韓国で街頭パフォーマンス

上海SNH48運営会社のグループ会社、上海火核文化伝媒有限公司が売出し中のK-POPスタイル男性アイドルグループ「D7BOYS」が2018/07/15に韓国の街頭でパフォーマンスしていたらしい。

中国語では「D七少年団」という。

この動画はSNH48がMV制作でいつもお世話になっている韓国のMV制作会社ZANYBROS公式チャンネル「ZANY TV」で紹介されている。下図のように「ZANY TV」の公式Facebookでも取り上げてもらっている。

この韓国の街頭パフォーマンスについて、SNH48ファンの中にはSNH48メンバーは韓国でこんなチャンスを与えられていないのに不公平だ、と不満を言っている人がいる。

しかし「D7BOYS」はSNH48のような育成系と違って韓国式に特訓を受けてからデビューしているし、何十人もいるグループでもないし、SNH48とは独立採算なので単なる「嫉妬」で文句をいうのは見苦しい。

むしろ「D7BOYS」が韓国からの逆輸入方式で中国国内ではるかに人気が高い「Nine Percent」などの男性グループに追いつければ、SNH48グループ全体の収益に貢献するかもしれない。

「D7BOYS」の立ち上げ時期には確かに親会社経由で過去SNH48があげた収益から資金が捻出されるが、事業ポートフォリオを拡大し、リスクを分散しつつ収益を伸ばすのはベンチャー企業として当然だ。

むしろSNH48ファンは今後「D7BOYS」が中国国内で売れて、逆にSNH48に収益を還元してくれるように応援しても良いくらいだろう。

ところで、今ごろ見つけたのだが、今年のSNH48第五回総選挙投票券付きEP『森林法則』のMVもZANYBROS制作とのことで、同社の公式サイトで紹介されている。「D7BOYS」の『RED ALERT』という曲のMVもある。

ここでもMAMAMOO、WANNA ONEのMVと並んでいる。

AKB48のみなさんが『PRODUCE48』を通じてこれから韓国で活躍しようというときに、SNH48はすでに韓国トップのMV制作会社と定期的にお仕事するところまで来てしまっていて申しわけない。

中国企業の経営のスピード感と日本企業の違いがはっきり現れている。

シェアする