上海SNH48グループ第五回総選挙ランキング中間発表結果!

上海SNH48第五回総選挙ランキング中間発表が2018/07/08(日)行われた。司会は円満退社した阿吉(アージー)さんに代わって、すでに定着した感のある上海でいちばん人気のFM局「動感101」のDJ高山峰さん。

中国のニコニコ動画クローンサイト「ビリビリ動画」のコメントあり版でどうぞ。コメントで何も見えないよ!

中間発表ランキングまとめは記事の最後にグラフ付きで貼る。

中間発表時点の総投票数は、去年、第四回総選挙の中間発表時の44%増と、毎年順調に票数を伸ばしている。

今年の総選挙は低調なのではないかという事前の予測もあったが、フタを開けてみるとほぼ1.5倍の売上げになっている。

全般的に去年と比べて、姉妹グループ北京BEJ48、広州GNZ48の躍進が目立つが、何と言っても第1位李藝彤(リー・イートン)、第2位テテちゃん(黃婷婷)の競争が熾烈だ。どちらも上海SNH48二期生。

テテちゃんが後を追う展開だが李藝彤の集票力がすごすぎる。中間発表ですでに去年、第四回総選挙第1位キクちゃん(鞠婧禕)の票数を超えている。日本円にすると1票あたり33人民元換算で、約1億6千万円だ。

しかも李藝彤とテテちゃんの票差が約6万7,000票で、この票差だけでも第3位ななし(馮薪朵)と第4位リサ(陸婷)の間に入ってしまう。それくらい李藝彤の集票力は凄まじい。

ところで、順位が低いメンバーの応援会のほとんどが中間発表で集まった資金をすべて使い切っている。

これを「ALL IN」と言うが、最終で圏内に入れなくても中間発表で圏内を目指すのは、応援するメンバーがファンの注目を集めるための応援会としての一つの戦略。

上位メンバーの応援会も「ALL IN」したと中国ツイッター(新浪微博)のツイートで公表しているが、こちらは明らかにウソだったり、わざと惑わせるような書き方をしているものもある。

例えば、SNH48二期生リサ(陸婷)応援会のツイートは「今引き出せる資金はALL INした」と書いている。一瞬「ALL IN」だと思わせて、実はまだ資金があるという意味だ。このあたりの「騙し合い」もSNH48総選挙の応援会どうしの駆け引きの面白いところ。

第三者が確認できる集金状況は、このブログの右上にリンクを貼ってある「餃子ランキング」でリアルタイムに確認できるが、あえて銀行口座に現金で持っている応援会もあるらしい。

口座残高は第三者に確認できないので、上位メンバーについてはこの「餃子ランキング」に現れない資金額を読み合う駆け引きもある。

去年、第四回総選挙の圏内はおおむね1万5,000票なので、中間発表時点で1万6,000票以上あるメンバーはおそらく圏内は確実だろう。

AKB48総選挙の票数との大きな違いは、上海SNH48グループは上位メンバーに票が集中することだろう。人気のあるメンバーとそうでないメンバーの差が大きいのは、まだ平等主義の強い日本社会と違って、競争の激しい中国社会らしい傾向だ。

最終結果は2018/07/28第五回総選挙コンサートで発表されるが、このまま李藝彤(リー・イートン)が突っ切りそうな勢いだ。

シェアする