重慶CKG48チームC新お下がり公演『ドリームフラッグ(夢想的旗幟)』の渋いPV

重慶CKG48チームC、チームKがそれぞれデビュー公演として上演してきた『第一人称』『奇幻加冕礼』の千秋楽を迎え、『夢想的旗幟 ドリームフラッグ』『美麗世界 Beautiful World』の上演を開始する。

『第一人称』は広州GNZ48チームNIII、『奇幻加冕礼』は北京BEJ48チームE、『夢想的旗幟』は上海SNH48チームX、『美麗世界』は上海SNH48チームHIIのそれぞれ全曲オリジナル公演のお下がりになる。

2つの新たなお下がり公演のうち、チームC『夢想的旗幟』公演のPVが個人的にとっても良かったのでご紹介。

このPVを中国ツイッター(新浪微博)の重慶CKG48公式アカウントがツイートしたコメント欄に、現地ファンが広州GNZ48風だと書き込んでいたが、確かにこういうインディペンデント映画風のスタイルで、全体に彩度を抑えた色調の画面は広州GNZ48風だ。

後半で引用されている映画は筆者は観たことがないが『Little Miss Sunshine』(米2006年)らしい。

それにしても広州GNZ48の映像作品を手がけてきたあの監督さんが辞職してしまったのは本当に惜しい。

シェアする