上海SNH48七期生Yuriko(江真儀)の生歌がすごすぎる件

上海SNH48グループが2018/07/28結果発表の第五回総選挙プレイベントとして『Dream Studio 48(夢想演播庁)』というバラエティー番組を動画サイトで放送している。

『Produce101』と違ってSNH48ファンの内輪の番組で、通りすがりの人が観ても何のことかさっぱり分からないが、素晴らしいパフォーマンスを見せるメンバーはいる。

上海SNH48七期生Yuriko(江真儀)が中国のシンガー・ソングライター華晨宇『齊天』をカバーしたのがすごかったのでご紹介。

いやいやこれ口パクでしょと思ったら違う。普通のSNH48グループのメンバーなら事前録音の口パクでないとここまで歌えないが、彼女の場合は問題なく歌えるところがすごい。伴奏にユニゾンが入ったり、RAP部分はコーラス(?)があるので完全な生歌ではないけれど。

↓オリジナルの華晨宇の生歌はこちら。

同じ『Dream Studio 48』のパフォーマンスでは、上海SNH48グループで間違いなくトップの歌姫の一人、一期生チームSII CC(徐晨辰)の『戒煙』がある。2018/06/10放送分。

申し訳ないけれど一期生Bちゃん(孔肖吟)とのデュエットではなくCCのソロにして欲しかった。

ところで、筆者がいままでSNH48グループで聴いたメンバーの生歌のベストはこちら。

瀋陽SHY48チームSIIIジェリー(葉錦童と菅瑞静)。生中継スタッフの不手際で音が割れている。

白いドレスのジェリーの方は録音の口パクっぽいが、葉錦童は生歌。残念なことにジェリーは学業優先でフェードアウト退団、葉錦童は男性との交際がバレて退団処分。二人ともいなくなったのが非常に残念。

もう一組、北京BEJ48チームJのルールー(黃恩茹)とハオハオ(任玥霖)のデュエットも素晴らしい。

ただ、いちばん最近の2018/06/15ハオハオの第五回総選挙演説会での『Bang Bang』デュエットは明らかに選曲ミスでダメ。ルールーの音程がまったく安定していない。去年のこの曲の方がずっと良かった。

↓北京BEJ48チームJルールー(黃恩茹)ハオハオ(任玥霖)『Beauty and the Beast』2017/05/07

最近、黃恩茹の音程がどんどん不安定になっている理由は分からない。現地ファンは変わらず北京BEJ48の歌姫と呼んでいるが、SNH48メンバーの中では確かに突出しているものの音程の不安定さは気になる。

以上、七期生Yuriko(江真儀)の生歌が素晴らしかったので、ついでにSNH48グループの他の歌姫も紹介してみた。

シェアする